公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,ブログアーカイブ

いまさら聞けない…?社団法人と財団法人の違いって何?

【質問】
公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人は、それぞれ何が違うのでしょうか?

公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人は、それぞれ何が違うのでしょうか?

【回答】

新しく立ち上げる事業が公益目的事業の場合と公益目的事業以外の事業の場合では取り扱いが異なりますが、いずれも届出や申請等が必要になります。

まず、「社団法人」とは、一定の目的のために集まった人や企業等が「社員」として集まった集合体で、法律により法人格を認められた団体です。
ざっくり言うと、「社員(人)が中心となった法人」といえます。
「社団法人」には、法人法により法人格を認められた「一般社団法人」と、一般社団法人の中で「認定法」により行政庁から公益認定を受けた「公益社団法人」の2種類の法人格があります。

社団法人の具体例として、医師の集まりである日本医師会や自動車メーカー企業の集まりである日本自動車工業会などが挙げられます。
また、町内会や同窓会、サークルなどのように、構成員に共通する利益を図ることを目的とする事業を行うために一般社団法人を取得することもあります。

一方、財団法人は、一定の目的のために提供された財産を運営・管理するために設立されて、法律により法人格を認められた団体のことをいいます。
ざっくり言うと、「財産(お金)が中心となった法人」といえます。
「財団法人」も社団法人同様、法人法により法人格を認められた「一般財団法人」と、一般財団法人の中で「認定法」により行政庁から公益認定を受けた「公益財団法人」の2種類の法人格があります。

財団法人の具体例として、スポーツ振興を目的とする日本体育協会や起業が社会貢献を目的として設立した企業財団(キリン福祉財団、トヨタ財団など)などが挙げられます。

無料相談ボタン_03

保存


| 最新の記事 |