公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

税務会計

情報冊子の「購読会員」、会費の取り扱いは?

【質問】
情報冊子の「購読会員」、会費の取り扱いは?当法人では、これまで正会員に対して統計情報の冊子を発行、送付していました。
しかし、希望者が多いので今期から冊子を定期的に読める購読会員(年会費2,000円)を設けて、冊子を送付するようにしたいと思っています。
購読会員の会費はどのように取り扱えばよいでしょうか?

【回答】
会報の対価が会費等の名目で徴収されている場合は、収益事業(出版業)に該当するものとして、会費は収益事業にかかる収入として取り扱うことが原則です。

原則として、公益法人等がその出版物を無償で不特定または多数の者に配布するような場合には、その事業は出版業には該当しません。

しかし、出版物の対価が会費等の名目で徴収されていると認められるときは、法人税法上、収益事業に該当するものとして取り扱われます。

会員(正会員)以外の者に配布した出版物で、代価を徴収せず会費等の名目で受けた金額は、その受けた金額を出版業にかかる収益とします。

また、会員(正会員)に、出版物の代価を徴収せずに別に会費を徴収している場合には、その会費のうち当該出版物の代価相当額を出版業に係る収益とするのが原則となります。

保存