公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

告知

公益法人にも税務調査があります!-調査法人の約6割に非違が発覚-

【ポイント】
国税庁が発表した「平成26事務年度 法人税等の調査事績の概要」によると、調査対象となった公益法人の約6割に、法人税、消費税申告の非違が見つかったことがわかりました。

公益法人にも税務調査があります!

国税庁が、「平成26事務年度 法人税等の調査事績の概要」を公表しました。
(平成26事務年度とは、平成26年7月1日から平成27年6月30日までの1年間のことをいいます)

公益法人等(申告義務のある法人35,109件)に対する法人税の実地調査の状況を見ると、平成26事業年度の調査件数は673件(前年比88.9%)、このうち非違があった件数は409件(前年比87.8%)であることがわかりました。
実地件数、非違の件数、非違が見つかる割合ともに減少傾向にありますが、いまだに実地調査を行った法人の6割以上に非違が見つかっている、ということがわかります。

同様に、法人消費税の実地調査の状況は、実地調査件数が581件(前年比92.4%)、非違があった件数335件(前年比96.0%)と、こちらも調査対象法人の57%に非違が見つかる結果になっています。

調査に対して、不正(うっかりミスではなく、意図的に不正を行ったと認められたもの)の発覚割合は3%で、前年より1.8ポイント減少していますが、不正1件当たりの不正所得金額は8,677千円(前年比140.2%)と大きく増えていることも特徴的でした。

公益法人の皆様の中には「公益法人には税務調査が入らない」と誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、公益法人にも税務調査はあります!
日頃から適正な会計処理、適正な申告を心がけていきたいですね!


年末年始休暇について

弊社では
12月26日(金)午後から来年4日(日)の期間を
年末年始の休暇とさせていただきます。

年始は5日(月)より通常通りとなります。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

雪イメージ


税理士・浦田泉、NHK取材を受ける

先日、税理士・浦田泉として取材を受けました。
取材にいらしたのは、なんとNHK!

ちなみに私、取材が好きなタイプ。
基本的に取材は日程調整してお受けします。
過去にも日経新聞、朝日新聞、日経ヴェリタス、リクルートといった多くの方が目にする媒体から、税理士の業界新聞、会計士向け業界雑誌、はたまたTAC(税理士受験学校)といった業界向けの媒体まで様々なところから取材を受けています。

NHKからは、以前消費税増税に関連する取材も受けていますが、今回は、「公益法人改革について」がテーマでした。

取材する記者さんには、録音をする記者さんと、しない記者さんがいますね。
今回のNHKの記者さんは録音をしない記者さんでした。

録音をしない記者さんは、ノートに走り書きのメモをどんどんとっていきます。
メモの取り方は、ほとんど速記術のような世界ですね。
ものすごい勢いでメモをとりながら、ポイントとなるところはマーカーを使っていたりして、まさに職人技!と驚きます。

今回の記者さんは、私以外にも沢山の方々に取材をし、ご本人も公益法人改革について勉強されている様子がみて取れました。

一つの番組が作られていく過程に関わることができて、よい経験&勉強になりました。
放送予定などが決まりましたら、改めてお知らせいたします!


公益法人注目の「新・家元制度」

今日は、いずみ会計とご縁のある「新・家元制度」というサイトをご紹介いたします。

社会的意義のある認定制度を立ち上げて、インストラクターを育てる。
業界の先頭に立ち、商品・サービスの知識を標準化する。
さらに認定制度を立ち上げて、標準化された技能や知識を教えるインストラクターを育成する-

これが「新・家元制度」の概要です。
浦田は、「新・家元制度」が毎週発行する無料メルマガの税務・会計情報を担当しています。
また、不定期に行われる税務会計セミナーの講師も務めております。

新しく一般社団法人や一般財団法人をたちあげる方は、このサイトをご覧になったという方も多いとききます。
「社会的意義のある認定制度の推進」は、ビジネスを進める上での着眼点として、参考になるのではないでしょうか?!

■「新・家元制度」サイトはこちら▼
http://sin-iemoto.com/

※ちなみにこれがAmazonでオススメの和書、浦田の愛読書の一つです!
「『学び』を『仕組み』に変える新・家元制度」

新・家元制度

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4905154480/ref=mem_taf_books_d?uid=NULLGWDOCOMO


オススメ情報!第48回 書作家展

今日ご紹介するのは、いずみ会計ともご縁があり今年から公益社団法人として新たな一歩を踏み出されました日本書作家協会さんが運営されている「第48回 書作家展」です。

日本書作家協会さんは昭和34年に開設。以来、書道の普及を目的として、書道通信教育講座など、書道関連業務に携わる公益社団法人です。

協会に入会している会員の方々には、師範資格の取得のみならず、書道塾の開設指導を受けてお教室を開設したり、更に一流の書道展の審査員などになっている方々も大勢います。そして、日本各地はもちろんこと海外まで約2,500名ほどいらっしゃるそうです。

近年、パソコンの普及により字を書く機会が少なくなりつつありますが、「字は人を表す」というように、正しく美しい字を書くことができるのは、やはりいつの時代でも一目置かれるものです。

「書作家展」とは、年に1回、書作家協会に協賛する書人により開催されている書道展のことです。

第48回 書作家展

昨年の書作家展を私も拝見いたしましたが、小さな作品から大きな作品まで貴重な展示が並び圧巻でした。私自身、書道の分野には不勉強ですが、それぞれの作品を見ていると、何やら日常の喧騒から離れた空間と静寂な時間を堪能でき貴重な経験をさせていただきました。

皆様もぜひ「第48回 書作家展」へ足を運ばれてみてください(^^)

■第48回 書作家展
【会期】
平成25年7月9日(火)から7月14日(日)まで

【時間】
10時から18時まで(入場は17時30分まで)
※最終日は10時から15時まで(入場は14時30分まで)

【会場】
東京銀座画廊美術館(銀座貿易ビル7階)
東京都中央区銀座2-7-18

【主催】
公益社団法人 日本書作家協会

【後援】
毎日新聞社・一般財団法人 毎日書道会

【入場料】
無料

■公益社団法人 日本書作家協会 詳しい情報はこちら
住所:東京都中央区京橋 2-6-6 藤木ビル5階
電話:03-3535-6910
Email:syo_sakka☆nifty.com
(※メールを送信の際は、☆を@に変更して送信ください)
HP:http://park15.wakwak.com/~syo_sakka/index.html


公益法人協会の相談室ご紹介

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

公益法人さんは、日常の運営、それから公益法人をとりまく法律の取り扱いなどで

色々と悩みや疑問点が多くでてくることもあるでしょう。

まずは、どこか相談できる場所はありませんか、という問合せをいただくことがあります。

そんなときには是非、私とご縁のある公益財団法人公益法人協会さんの相談室をご利用いただければと思います。

会員さんは無料でのご相談が可能です。

非会員さんは原則として、ご相談有料となります。

公益法人運営に詳しい専門家が、親切丁寧に対応いただけますよ!

完全予約制です。

是非、公益法人運営についての解決の一歩として、ご相談いただければ私も嬉しく思います。

詳しくは、公益法人協会のHPをご参照下さい。

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/councel/index01.html

「会員団体を主な対象として、公益法人の設立、運営 ・ 新法人への移行対応 等で生じるさまざまな疑問・質問についてのご相談に、専門スタッフが対応いたしております。

内容は『制度改革』『設立』『運営』『資産運用』『会計』又は『税務』に分かれ、それぞれの分野で専門スタッフが応対いたします。

お問合せ又はご予約はこちら
です(面接相談は予約制です)お気軽にお問い合わせ下さい。

※ 法律相談には専門の弁護士を、また、定款変更・登記申請など書類作成代行、会計顧問の委嘱等に関するご希望には、必要に応じて司法書士、公認会計士・税理士等をご紹介いたします(いずれも各事務所にて有料となります)。 」


公益社団・公益財団法人様向けセミナー「自分たちだけで作成できるようになるための『事業報告等に係る

公益法人専門のいずみ会計では、これまで

公益法人の皆様の実務に役立つ情報を セミナーの形で

お届けして参りました。

このたび、いずみ会計事務所では、

事業報告等に係る定期提出書類作成に関するセミナーを開催いたします。

公益認定の申請書にはなかった別表H

(公益目的取得財産残額の算定に関する書類)の作成を中心に、

定期提出書類作成のポイントを解説いたします。

_________________________________

◆3月決算の法人様は6月末が提出期限です!◆

公益社団・公益財団法人様向けセミナー

「自分たちだけで作成できるようになるための

『事業報告等に係る定期提出書類作成のポイント』」
_________________________________

公益社団・財団法人は、毎事業年度経過後3ヶ月以内に

「事業報告等に係る定期提出書類」を作成し、

行政庁に対して提出する必要があります。

「事業報告等に係る定期提出書類」では、

公益認定の申請書にはなかった

別表H(公益目的取得財産残額の算定に関する書類)の作成に

苦労している法人様が非常に多くなっております。

また、公益認定申請書は完全に外注した、

公益認定申請書の作成担当者が辞めてしまった―

などの理由により、「事業報告等に係る定期提出書類」の

書き方が全くわからないという法人様もいらっしゃいます。

そこで、いずみ会計事務所では、そのような法人様向けに、

特に別表Hの作成ポイントを中心とした

定期提出書類作成のポイントセミナーを開催致します。

【講師】
いずみ会計事務所

高橋和也

【開催日】
2013年 6月7日(金)

【開場受付】

13:30より受付開始

【スケジュール】
14:00―16:30 セミナー

【会場】
東京証券会館 9階3号会議室

東京都中央区日本橋茅場町1-5-8

地図はこちら=http://www.izumi-kaikei.com/20130607.pdf

※東京メトロ東西線・日比谷線茅場町駅8番出口直結

【主催】
いずみ会計事務所

東京都千代田区二番町1-2-737

www.izumi-kaikei.com

【参加料】
お一人様につき3,000円(消費税込)

【お申し込み方法】

・団体名

・参加人数

・参加者氏名

・参加料(3000円×人数=合計金額)

・メッセージ(任意で)

を明記の上、

FAXまたはメールにてお送りいただき、お申し込み下さい。

セミナーお申込いただいた方から順次、請求書を発行いたします。

・FAX=03-5210-2513

・メール=urata@izumi-kaikei.com

※FAXお申込用紙のダウンロードはこちらから

http://www.izumi-kaikei.com/20130607.pdf

【お問い合わせ】
いずみ会計事務所(TEL03-5210-2511)までお問い合わせ下さい。

(土日、祝日を除く、10:00から18:00まで)


公益法人専用の情報公開のサイトがございます!

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

公益法人さんについては、情報公開も推進されている団体が増加してきました。

情報公開については、団体さんも色々と検討している先が多いと思います。

とはいっても、具体的にどうすればいいのかな・・・ということには多くの事務局の悩みでしょう。

情報公開の促進にあたって、私とご縁のある、公益財団法人公益法人協会さんが

公益法人向け情報公開サイトを運営されていますので、ご紹介させていただきます。

詳しくはこちらをご参照下さい!!

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/disclo/index02.html

公益法人協会さんHPより一部抜粋しました。

公益法人協会では、インターネットによる情報公開をサポートするため、『公益法人等情報公開共同サイト』(略称「共同サイト」)を設置、多くの法人様にご利用いただいています。

 「共同サイト」は、インターネットによる法人の情報公開を個別のホームページによるものに代え、共同で実施するための専用サイトです。

この度 今までの、特例民法法人に加え、公益法人・一般法人の法人様にもお使いいただけるようになりました。」


公益法人用会計ソフトのお勧めです

こんにちは!


いずみ会計の税理士の浦田です。


税理士によくいただく質問として、「会計ソフトはどこがいいですか」

ということがあります。


基本的には、会計ソフトで無料のものは私はお勧めしていません。


無料にもいいものがあるとは思いますが、やはり機能や保守に

ある一定の限界があると私は考えているタイプです。


なので、前提は当然ですが、有料のものです(当たり前でしょうか・・・)


その上で、公益法人会計ソフトという専門のソフトをお勧めします。


株式会社向けの会計ソフトで入力をしたいという団体さんもいますが、

こちらも私は基本的に勧めておりません。


理由は、そもそもの会計基準が異なるからです。


当然、出力帳票も異なりますので、最終的にはエクセルなどで

決算書を手作りすることが必須になってしまいます。


それでは、エクセル、もしくは手作りの帳簿を作成するのと比較し

経理部の手間、作業、時間コストを効率よくするとは考えておりません。



そこで、「では、公益法人用の会計ソフトってどこがいいですか」

というお客様からの質問になるわけです。


私自身も複数の公益法人会計ソフトを使用した経験があります。

どのメーカーも当然にすばらしいソフトだと思います。


とはいっても、シェアNO1はやはりPCAでしょうか。


実際に私の顧問先、関係先なども、PCAユーザーさんが多いのが実情です。


いろいろと公益法人の会計には特徴が多いです。

そして注意点も多いです。


正しい経理処理には、やはり会計ソフトの活用が欠かせない時代になってきていると思いますね!


公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)-公益法人会計ソフト


公益法人制度関係ニュースまるごと確認の方法

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

公益法人さんをとりまく制度の動きは諸々日々変わっています。

新しい法律であるからこそ、新しいニュースが生まれやすい環境にあります。

公益法人さんとして、特例民法法人の皆さんも、公益社団・公益財団の皆さんも

一般社団・一般財団の皆さんも、やはり当事者として、現状のニュース確認は不可欠ですね。

でも、一つ一つ、インターネットや新聞や、そのような媒体から公益法人に関するニュースを

拾っていくのは、意外と大変な作業です。

思わぬ重要なニュースを読み落とすことは避けたいですよね。

そのようなときには、私とご縁のある公益財団法人公益法人協会さんのサイトに

諸々情報が履歴列挙されていますので、是非、ご参照いただければと思います。

公益法人協会HPのうち、非営利団体全般についての情報まとめのページがあります。

詳しくはこちらをご参照下さい。

http://www.kohokyo.or.jp/kohokyo-weblog/non-profit/siryou.html


« PREV |