公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

お勧め参考書

オススメ書籍「公益法人・一般法人の立入検査について-そのポイントと対策-」

【ポイント】
新公益法人制度移行後にやってくる一大事?!と思われがちな「立入検査」。
その対策のノウハウが取得でき、立入検査も怖くなくなる!
法人役員や関係する職員必携の一冊です。

今日は、私のオススメ書籍「公益法人・一般法人の立入検査について―そのポイントと対策―」(発行:公益法人協会 著:鈴木勝治)をご紹介したいと思います!

立入検査について(書籍)

新制度における監督ならびに立入検査等については、
「公益法人に事業の適正な運営を確保するために必要な限度において(公益認定法)」
または
「以降法人が公益目的支出計画を実施するのに必要な限度において(整備法)」
行われることとなっており、かつての民法法人時代における、主務官庁による法人の業務すべてに対する監督・命令ならびに検査(旧民法)とはかなり違うもの、となっています。

ということは新公益法人制度移行後にやってくる一大事では!?
と思われがちな「立入検査」

でも、この本があれば、検査対策のノウハウが取得でき、立入検査も怖くなくなる!
というところがオススメのポイントです。

○基本的考え方対応・課題・実際まで集約されている
○役に立つ質問項目・書類確認等多数事例が収録されている
○実例をもとに具体的質問・答弁のやり取りも掲載

といったように、この本は、公益法人・一般法人に対する、行政庁による監督ならびに立入検査に関して、「法人側からの視点」に立った実務解説書です。

コンパクトで安価なのもオススメのポイント。
関係する役員・職員ひとり一冊、いかがでしょうか?!

■公益法人・一般法人の立入検査について
-そのポイントと対策-■

【発行】
公益法人協会

【著】
鈴木勝治(公益財団法人 公益法人協会 専務理事(法務担当))

【主な内容】
1 法人運営と立入検査
2 行政庁の監督
3 立入検査のポイントと対策
4 検査対策の実践的なノウハウ
・・・など

【定価】
1,000円+税
※会員価格:864円(税込)

【詳細およびお申込み】
Amazon.comなど、書籍通販サイトでお求めいただけます。

※詳しい情報はこちらのサイトから!(ご購入のお申込もできます)▼
http://www.kohokyo.or.jp/publish/pub_tachiirikensapointotaisaku.html

■公益財団法人 公益法人協会のHPはこちら▼
http://www.kohokyo.or.jp/publish/pub_tachiirikensapointotaisaku.html


オススメのビジネス書籍「しつもん仕事術」「ビジネスで一番大切なしつもん」

日常業務はかなり忙しいですが、その合間で活字に触れることで、気分転換になったり、ビジネスの上で気づきを得たりするのが読書の醍醐味、でしょうか。

そんな私ですが、今日はオススメのビジネス書籍2冊をご紹介したいと思います。
いずみ会計とご縁のある
「一般財団法人しつもん財団」の代表理事、松田充弘さん著の

「しつもん仕事術」(日経BP社)
「しつもん仕事術」(日経BP社)


「ビジネスで一番大切なしつもん」(日経BP社)
「ビジネスで一番大切なしつもん」(日経BP社)

です。
(画像はいずれも「しつもん経営研究所」より拝借しました)

Amazonの内容紹介は
「いい質問(=しつもん)は、あなたが思っている以上に、あなたの思考や生き方に大きな影響を与えます。(中略)

ビジネスの成否を決める要因の6~7割は、実は人間関係が占めています。
『顧客といい関係』を構築できれば、価格競争に陥ることもありません。
顧客との緊密な関係性を構築していくのに、しつもんは絶大なパワーを発揮します。
もう一つ、見逃してはならないポイントは、自分に対してしつもんを使った場合の効果です。
仕事やプライベートで何か課題があるとき、自分にしつもんを投げかけていくと、真の問題点、やるべきこと、やらなくてもいいこと、行動や意思決定を邪魔しているもの、妨げているものを取り除く方法などが整理され、解決のための筋道が目の前に現れます。
答えは「外」にはありません。自分自身、あるいは所属する会社、部署、組織などの内側に必ず存在しています。
しつもんは、自分の中にある答えにあなたを導いてくれるのです。」(ビジネスで一番大切なしつもん)

いい「しつもん」とは、気づきを与えてくれるものだといいます。
相手に「しつもん」することで、相手に気づきを与え、喜んでいただく。
そして自分に「しつもん」することで、自分自身も成長できる。
ビジネスシーンで注目を集める「コーチング」をより具体的に掘り下げたようなもの、という印象を受けました。

質問というと「最近どう?」みたいな挨拶っぽいものや「今日はおめかししているね、どうしたの?」といった言葉のキャッチボールっぽいものから、「必ずやってくれるよね?」といった命令的で相手に威圧感や反発を与えるもの、「なぜできないの?」といった、尋問調で相手の言い訳を誘発するものまで様々です。

質問を、いい「しつもん」にすることで、ビジネスが円滑に進むな、ということを感じました。

これは社内外のビジネスシーンでかなり使ってみたい!と思ったのがオススメの理由です(^-^)ぜひご一読ください!

●「しつもん仕事術」(松田充弘著、日経BP社)
●「ビジネスで一番大切なしつもん」(松田充弘著、日経BP社)

※Kindle版もあります!

■著者の松田充弘さんが代表理事を務める「一般財団法人しつもん財団」もぜひご注目ください!


災害ボランティアさんにお勧めの参考書です♪

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

今回は、災害ボランティアさんにお勧めの参考書をご紹介したいと思います。

「災害ボランティアの安全衛生」

災害ボランティアの安全衛生

災害ボランティアさんが現在も、東日本大震災の現場、及びその周辺において

活躍されていることは、新聞、テレビ、その他の報道で皆さまご存知のことと思います。

災害ボランティアさんには、専門知識とあわせて、安全衛生という観点も必要な情報となります。

是非、今のような状況であるからこそ、災害ボランティアに関わる団体、

そしてボランティアそのものの皆さまにもご参照いただきたいと思いまして、ご紹介します。

この冊子は以下の団体より、無償でご提供が可能です。

在庫に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお問合せいただくことをお勧めします!

災害救援ボランティア推進委員会

(財団法人 日本法制学会)

http://www.saigai.or.jp/

(書籍あとがきより、抜粋)

災害時には各種制約が発生するので、労働安全衛生と同じレベルでの災害ボランティアの安全衛生は実現は難しい。(中略)

そこで、これらの矛盾点を巧みに回避しつつ、実施しているのが災害ボランティアの安全衛生の実際ということになり、その一端を紹介したのが本書である。(後略)


公益法人さんにお勧めの参考書です♪(新公益法人制度Q&A)

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

今回は、そのものずばり!?、新公益法人制度Q&Aです!!

新公益法人の制度については、まだ歴史自体が浅いため、

色々と実務面でも疑問点が沸きやすいものです。

そんなときに、解決の入り口にしていただきたい参考書です。

―公益法人協会相談室がお答えします―

新公益法人制度Q&A

新公益法人制度Q&A

2009(平成21)年12月発行

A5判 492頁

定価2,940円(税込)

発行:公益財団法人 公益法人協会

詳しくはこちら

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/index01.html


公益法人向け参考書【一般社団・財団の登記について】

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

今回ご紹介するのは、登記実務の書籍です。

「登記はいままで司法書士さんにお任せだったから・・・」

「登記はいままで理事変更のときにしか、事務局で扱ったことがないから・・・」

そんな事務局の方でも、今回移行に関する登記については、

司法書士先生に依頼するにしても、周辺情報を確認しておいてはいかがでしょうか。

必要書類や、注意点などを事務局が事前に確認するのに、参考になるかと思います。

一般社団・財団法人の登記実務【第2版】

― 法人設立、変更、公益認定、特例民法法人からの移行 ―

一般社団・財団法人の登記実務【第2版】  ― 法人設立、変更、公益認定、特例民法法人からの移行 ―

2010(平成22)年5月発行

A5判 312頁

定価2,520円(税込)

著者:杉浦直紀、希代浩正

発行:公益財団法人 公益法人協会

詳しくは、公益法人協会のHPをご参照下さい!

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/index01.html


公益法人の規程整理するときの必携書籍です!

こんにちは!

いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

公益法人さんについては、定款をはじめ、社内もろもろ規程が運営上について

どうしても重要なお約束事になります。

新しい公益法人制度について、このことを準拠したうえで社内規程のすべてを

見直すすることが絶対に必要な状況ですよね。

でも、さて、具体的にどのように規程を見直ししておけばいいのでしょうか、という疑問があります。

こちらも参考資料はいろんな書籍が発行されていますが、私からの一番のおすすめをご紹介します。

巻末にCDROMがセットされていて、すぐに団体名などはじめ規程作成にとりかかることが可能です!

これは嬉しいですよね(^O^)/

(公益財団法人公益法人協会HPより)

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/index01.html

公益法人 定款・諸規程例 ―改訂版― 《NEW!》

公益法人 定款・諸規程例 ―改訂版―
2011(平成23)年8月発行

B5判 376頁

定価3,780円(税込)

編集・発行:公益財団法人 公益法人協会

公益法人関係者、必携の書!!

平成20年の初版刊行以来、ご好評をいただいている本書。今般、全面的に見直し、「改訂版」として待望の刊行! とくに、全条文ひな形のデータをCD‐ROMに収録。自法人の定款・諸規程例の作成・変更に役立つよう、より一層の便宜を図りました。

(1)条文には、最新の事例や表現を取り入れ、解説部分も充実。また、(2)一般社団・財団法人のモデル定款を新規に追加。(3)諸規程例については、下記目次内⑰~⑳を加え、計20種類(23類型)と、ふんだんに盛り込まれた内容になっています。

公益法人への移行はもちろん、一般法人への移行、また、定款変更等々あらゆるニーズにお応えする一冊です。 (平成23.8.10 改訂版第1刷発行)。


公益法人会計の経理について最適な入門書

こんにちは!

いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

公益法人会計(新新会計基準、あるいは20年度会計基準と呼ばれています)は

民間株式会社などの会計基準と内容が異なります。

会計基準というのは、会計処理、決算書表示などのある一定ルールブックと思ってください。

極端な表現をしますと、公益法人の会計を扱ううえで、

一種のマナーブック、お作法のルールともいえるでしょう。

私は顧問先以外も、公益法人についての決算書などを拝見することが多々あります。

その場合、初めて見る決算書の団体でも経理のレベルを「ある程度」推測することができます。

つまり、会計のマナーブック、お作法がどこまで準拠されているかという論点で拝見すると

その団体の経理レベルもおのずと、だいたいの様子が見えてくるものです。

そう考えると、公益法人会計基準をますます勉強しないといけないかもしれませんね!

公益法人会計については、いろいろな書籍が発売されています。

専門書も分厚いものが何冊も大きな本屋さんにいくと並んでいます。

こういうときに意外と困るのが、「入門書はどれがいいのかしら」という悩みです。

ぜひそのようなまずは公益法人会計の入門に最適な書籍のご紹介です。

(公益財団法人公益法人協会HPより)

いちばんやさしい公益法人会計の本!

本書は、「会計がまったくはじめての人」「会計アレルギーの人」「今さら、分からないとは言い出せない人」のために、会計の幹となる部分だけに的を絞って、できるだけシンプルに書いてみました。

本書を読んで、まず会計のイメージをつかんでください。誰でも最初は初心者です。会計は、入門レベルの『はじめの一歩』がとても大切です。一歩目でつまずくと、なかなか前には進めません。大事なことは、会計のルールなどを素直に謙虚に(先入観を持たずに)受け入れることです。

本書は難しいことは書いていません。ぜひ、楽しみながら最後まで読み進んでください。きっと公益法人会計の『はじめの一歩』がスムーズに踏み出せると思います。(2011.7.12 初版第1刷発行)

詳しくはこちら!

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/index01.html

公益法人会計はじめの一歩


お勧め書籍のご案内♪(非営利法人設立運営ガイドブック)

こんにちは、いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

今回は、非営利法人皆様への参考書籍のご案内です。

非営利法人の会計に関すること、登記に関すること、運営に関すること

それぞれについての各種書籍はありますが、

そもそも、根底となる考え方から解説がある書籍というのは

意外と少ないものでした。

今回のご紹介書籍は、非営利法人に関係している皆様であれば

ぜひとも、一読をされることをお勧めします!

非営利法人の経営者向け、の大事な一冊ともいえるでしょう。

(以下、公益法人協会サイトより引用ご紹介)

非営利法人設立・運営ガイドブック 《NEW!》
-社会貢献を志す人たちへ-

太田 達男 著

A5判・326頁
定価:2,730円(税込)
2012.12.10発行

「本書を活用して、より良い社会活動を!」
市民の市民による市民のための新制度(新公益法人制度・改正特定非営利活動促進法)にもとづき、非営利組織を立ち上げ、社会貢献活動を目指そうという人々のために、当協会理事長自らが書き下ろした、非営利セクター待望の書。

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)-非営利法人設立・運営ガイドブック


公益法人会計の経理について最適な入門書

こんにちは!

いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

公益法人会計(新新会計基準、あるいは20年度会計基準と呼ばれています)は

民間株式会社などの会計基準と内容が異なります。

会計基準というのは、会計処理、決算書表示などのある一定ルールブックと思ってください。

極端な表現をしますと、公益法人の会計を扱ううえで、

一種のマナーブック、お作法のルールともいえるでしょう。

私は顧問先以外も、公益法人についての決算書などを拝見することが多々あります。

その場合、初めて見る決算書の団体でも経理のレベルを「ある程度」推測することができます。

つまり、会計のマナーブック、お作法がどこまで準拠されているかという論点で拝見すると

その団体の経理レベルもおのずと、だいたいの様子が見えてくるものです。

そう考えると、公益法人会計基準をますます勉強しないといけないかもしれませんね!

公益法人会計については、いろいろな書籍が発売されています。

専門書も分厚いものが何冊も大きな本屋さんにいくと並んでいます。

こういうときに意外と困るのが、「入門書はどれがいいのかしら」という悩みです。

ぜひそのようなまずは公益法人会計の入門に最適な書籍のご紹介です。

(公益財団法人公益法人協会HPより)

いちばんやさしい公益法人会計の本!

 本書は、「会計がまったくはじめての人」「会計アレルギーの人」「今さら、分からないとは言い出せない人」のために、会計の幹となる部分だけに的を絞って、できるだけシンプルに書いてみました。
 本書を読んで、まず会計のイメージをつかんでください。誰でも最初は初心者です。会計は、入門レベルの『はじめの一歩』がとても大切です。一歩目でつまずくと、なかなか前には進めません。大事なことは、会計のルールなどを素直に謙虚に(先入観を持たずに)受け入れることです。
 本書は難しいことは書いていません。ぜひ、楽しみながら最後まで読み進んでください。きっと公益法人会計の『はじめの一歩』がスムーズに踏み出せると思います。(2011.7.12 初版第1刷発行)

詳しくはこちら!

http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/index01.html

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)-公益法人会計 はじめの一歩


災害ボランティアさんにお勧めの参考書です♪

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

今回は、災害ボランティアさんにお勧めの参考書をご紹介したいと思います。

「災害ボランティアの安全衛生」

災害ボランティアさんが現在も、東日本大震災の現場、及びその周辺において

活躍されていることは、新聞、テレビ、その他の報道で皆さまご存知のことと思います。

災害ボランティアさんには、専門知識とあわせて、安全衛生という観点も必要な情報となります。

是非、今のような状況であるからこそ、災害ボランティアに関わる団体、

そしてボランティアそのものの皆さまにもご参照いただきたいと思いまして、ご紹介します。

この冊子は以下の団体より、無償でご提供が可能です。

在庫に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお問合せいただくことをお勧めします!

災害救援ボランティア推進委員会

(財団法人 日本法制学会)

http://www.saigai.or.jp/

(書籍あとがきより、抜粋)

災害時には各種制約が発生するので、労働安全衛生と同じレベルでの災害ボランティアの安全衛生は実現は難しい。(中略)

そこで、これらの矛盾点を巧みに回避しつつ、実施しているのが災害ボランティアの安全衛生の実際ということになり、その一端を紹介したのが本書である。(後略)

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)-災害ボランティアの安全衛生


« PREV |