公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

公益法人さんご紹介

クリスマスに、緑のサンタと日本の森に思いを馳せて― 一般社団法人グリーンサンタ基金

クリスマスが近づいてきました!
 今年のクリスマス、皆さんはどのように過ごされる予定ですか?
 さて、

「クリスマス」

と言えば、真っ赤な衣装に身を包んだサンタクロース

を思い浮かべる方が多いかと思います。
 でも実は、緑色の服を着たサンタクロースもいること、ご存じですか?
 今日ご紹介するのは、いずみ会計とご縁のある

「一般社団法人グリーンサンタ基金」さんです。
 グリーンサンタ基金さんは、

「環境親善大使グリーンサンタ(R)をメインキャラクターに置き、

子どもたちに緑あふれる未来を贈るためのさまざまな活動を行っている公益法人」

です。
 このグリーンサンタが緑色のサンタクロースの正体です(^-^)。
公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)
 日本の国土の中で森の割合は「約7割」なのだそうです!
 これは世界でも2番目に森の割合が多い国だとか。
 にもかかわらず、日本では国産材を使わない傾向があります。

 海外では、伐採が進むことで災害に見舞われたり、

自然破壊が深刻さを増している地域がある一方で、

需要のない日本の森では管理がゆきとどかず、

間伐もされないために木のもつ力自体が弱ってきているそうです。
 日本の森の約4割は人工林で、適切な手入れさえ施せば元気な森が育つそうです。

 ただし、手入れをしないとまたたく間に荒れてしまいます。

 土壌の流出を引き起こしたり、

日光が十分に届かないため木や下草の立ち枯れが起きたり、

さらに二酸化炭素の吸収率の低下を招く可能性もあります。

 豊かな森を育てるためには、まず木を使うことが必要。
 さらに、使ったあとに植林し、適切な管理のもとで育てていく。

―という循環を繰り返すことによって、豊かな森が育つ、といいます。
 この循環を通して豊かな森を育てるため、

グリーンサンタ基金は

育林事業、国内材製品の寄贈事業、環境教育

を主な社会貢献事業と位置づけて活動しています。
 育林事業では、2007年から豊かな森づくり活動として

「グリーンサンタ(R)の森づくり」を行っています。

 地元で活動するNPOなどと協力しながら、

未来へつながる元気な森を日本各地で育てています。

現在、北海道から熊本まで、全国9カ所に「グリーンサンタ(R)の森」がありますよ!

 国産材製品の寄贈事業では、管理された森からの木材でできた

木製品の寄贈と森林環境教育に取り組んでいます。

 日本全国の保育園、幼稚園、小学校などの教育機関などを

対象に、国産材製品を寄贈しています。

 また、環境教育事業では、

国際NGO FEE(環境教育基金)の森林教育プログラム

「LEAF(Learning About Forests)」と

学校への環境認証プログラム

「エコスクール(Eco-Schools)」を紹介しています。

 グリーンサンタ基金は民間の団体です。

その活動は、グリーンサンタ基金の活動に賛同していただける方や

企業からの会費をはじめ、

グリーンサンタ(R)のキャラクター使用料によって支えられています。

 森に行くとすがすがしい気分になって癒される―
 そんな日本の森を守るために、クリスマスシーズンに

緑のサンタクロースに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
■一般社団法人 グリーンサンタ基金
http://www.greensanta.or.jp/index.html
東京都千代田区富士見2-14-38-309
Tel: 03-5212-1527
Fax: 03-5212-1533
(業務時間:月~金 10:00~18:00、土日祝日休み)
◆グリーンサンタ(R)キャラクター公式サイト
http://www.greensanta.jp/index.html
※グリーンサンタのグッズなどが購入できます!


鳥獣を保護し管理する「森の番人」-社団法人東京都猟友会

 今日は、いずみ会計とご縁のある

「社団法人 東京都猟友会」さんをご紹介します。

 ところで、皆さんは「猟友会」というとどういうイメージをお持ちですか?
 秋になると

「人の住む地域にクマが降りてきて、地元猟友会のメンバーが駆除した」

などというニュースをよく耳にするのではないでしょうか?

 ニュースの映像は印象的ですが、

実は猟友会の活動はそれだけではありません。
 詳しいお話を、澤地忠彦会長に伺いました。
 今、全国各地において、鹿・猪など

野生鳥獣による農林業被害が拡大しています。

 全国の野生鳥獣による農業被害は申請ベースで

230億円

と公表されています。

(しかし実際には300億円とも400億円ともいわれているそうです)

 特に北海道ではエゾ鹿の生息数は70万頭に達する勢いで増えており、

牧草を始め水稲、小麦など農業被害は、

なんと53億円に達している!

と言います。
 また、ある県では、県民の大切な山林を長期にわたり

保護区にしたため、シカ等の食害により山が荒れ、

元に戻すには50年以上かかると言われています。
 ともすれば

「現代社会では野生動物が激減した」

というイメージにとらわれがちですが、

現実は、
 「自然環境の変化や地域社会の変革により、

特定の鳥獣が大幅に減少したり、逆に著しく増加することによって、

微妙なバランスで成り立っている自然の生態系が

崩れていることが問題です。」(澤地会長)

と言います。
 そこで、生態系を乱すように増え、

農林水産業に被害をもたらす鳥獣については

「特定鳥獣保護管理計画」に基づき、個体調整を行う-

これが、猟友会の大きな仕事の一つとなります。
 澤地会長は、
 「大正時代から東京オリンピック頃までは、

鉄砲撃ちはお金持ちの娯楽、

と見られる傾向がありましたが、これは偏見です。

 また、野山にいる動物すべてを撃つというのも誤解です。
 狩猟者は、単なる鳥獣の捕獲者ではありません。

鳥獣の保護管理の担い手、

いわゆる『森の番人』だと思っています。」

とおっしゃっていましたが、なるほど!と納得しました。
 人の生活する地域がここまで広がってしまうと、

保護をするだけでは生態系を保つどころか、

増えすぎた一部の動物によって自然破壊が進んでしまう

という一面がある。

自然と共生するためには、人の手を加えていくことも必要なのだ、

ということがわかりました。
 そのため、猟友会の皆さんは禁猟期間である

春から秋にかけては銃砲撃の練習や銃砲類の管理などに

心を砕いていると言います。

 「近年、狩猟者の減少・高齢化が進み、

狩猟圧(鳥獣駆除能力)が低下することで、

さらなる鳥獣被害の拡大や、里地で野生動物が人を襲う被害などが

増えているような気がします。

若手狩猟者の育成は急務です。」

という澤地会長。
 東京都猟友会では区のスポーツフェスティバル等で

光線銃を使った狩猟体験コーナーを運営する他、

愛鳥奨励校を指定して指定書と奨励金を贈呈する

などの活動を行っています。

 「将来は、小学生を中心に、都内の公園で野鳥の観察教室を開いたり、

東京都猟友会の会館内に資料室をつくって無料公開するなどの

活動を計画しています。

 狩猟者は目の前の動物を撃つ人ではなく、

人と自然が共生する道を探る『森の番人』であることを

広く伝えていきたいですね。」(澤地会長)

 現在、東京都猟友会は公益社団法人認定に向けて

事務作業を続けています。

 今後の東京都猟友会の活動に、ぜひご注目ください!
 
■社団法人 東京都猟友会
http://www.h2.dion.ne.jp/~toryo/index.html
東京都千代田区外神田松永町19-3
TEL 03-3253-5466
FAX 03-3253-5469
E-mail:toryo●h2.dion.ne.jp(●を小文字の@に変えて下さい)


貴方の隣に公益法人さん♪公益財団法人日本科学技術振興財団

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私の顧問先ではありませんが、一般論でお話ししますね。
公益財団法人日本科学技術振興財団、という団体さんがいらっしゃいます。
「なんとなく、どこかでこの名前を見たような気がする」
という方もいるかもしれません。
「科学技術館」といえば、ああ!そうか!とイメージされる方も多いでしょう。
東京界隈にお住まいの方なら、子ども時代~親世代まで、訪問したことも多いのではないでしょうか。
はい、私も東京の人間なので、何度も行ったことがあります。
私は科学のことは全く無知で、わかりません。
でも、体験コーナーや諸々展示物が子ども時代も、そして親となった大人時代も、とても興味深いですね。
展示物でボタンを押すと、説明アナウンスが流れたり、映像がでたり。
こういう経験は、皆さん、一度はありますよね。
私はついつい、音が出たり、映像がでたりする展示物は素通りできないタイプです(^^ゞ
皆さんはいかがでしょうか?


あなたの隣に公益法人さん♪公益財団法人東日本大震災復興財団

こんにちは!

いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

私の顧問先ではありませんが、一般論でご紹介しますね。

「公益財団法人 東日本大震災復興財団」という団体さんがいらっしゃいます。

あれ・・・どこかで聞いたような名前・・・?

はい、そうですね。

ソフトバンクの孫さんが設立発起をされた、財団です。

HPによれば、東日本大震災の被災者を支援すべく、「みんなでがんばろう日本」をスローガンに発起した、とあります。

一時避難支援制度

子どもサポート基金

孤児18歳まで携帯料金サポート

などの助成事業をさっそくに開始されているようです。

いろいろとご意見がある財団とは私も承知しておりますが、これからの長い復興を支援する団体が

自治体も含め、長い取り組みされることは大局的によいことと思っております。

このように皆さんの近くに、公益法人さんが活躍されているようですよ!


財団法人豆腐会館、ピンクリボン運動を支援

いずみ会計の顧問先である財団法人豆腐会館さんが、

ピンクリボン運動への支援協力を始めました。


ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識を広め、

乳がん検診の早期受診などを推進する運動。


米国の乳がんで亡くなった患者さん家族が


「このような悲劇が繰り返されないように」


との願いを込めて作ったリボンからスタートしています。


くるりと回したピンクのリボンマーク、

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。



公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)

ところで豆腐とピンクリボンの関係って?


実は、豆腐の原料となる大豆には、

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが

多く含まれ、乳がんなどのリスク低減への期待もできるのだそうです。



豆腐会館では、

「イソフラボンを効果的に摂取できる豆腐製品の有用性をPRしながら、

ピンクリボン運動の意義を広めていく。」

のだとか。


具体的には、お豆腐屋さんの店頭などでピンクリボン運動のポスターを貼るなどの活動をしています。


お豆腐を買うときには、ピンクリボン運動のことも少し、思い出していただけるとうれしいです!


あなたの近くに公益法人さん♪公益財団法人ソニー教育財団

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私の顧問先ではありませんが、ご紹介したいと思います。
公益財団法人ソニー教育財団さんです。
幼児教育ウェブマガジン、幼児教育マンガ、などをHPで公表しています。
またソニーものづくり教室の開催レポートが紹介されています。
私のような、税理士、という仕事はサービス業ですので、単純に「ものづくり」には憧れを感じています。
自然の中での活動やものづくりを通して、好奇心や創造性を育む教室を開催しているようです。
また、子どもたちの「科学する心」を育む輪を広げる活動も行っているそうです。
子どものうちから、科学に触れる機会ができるのは、とても良いこと、ですよね!p(^-^)q


あなたの近くに公益法人さん♪公益財団法人トトロのふるさと基金

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
あなたの近くに公益法人さん♪ということで、私の顧問先ではありませんが、ご紹介したいと思いますp(^-^)q
公益財団法人 トトロのふるさと基金、という団体さんがあります。
「トトロって、あの、トトロのこと?」
はい、あの癒しキャラのトトロのことです。
こちらの団体さんは「となりのトトロ」の舞台モデルになったと言われている、狭山の里山風景を守っていくことをテーマに活動しています。
トトロの森の雑木林散策をする休日の過ごし方も、たまにはリフレッシュに良いかもしれませんね。
トトロのグッツも扱っているようです。
こんな形で、あなたの近くに公益法人さん♪が活動をされていますよ(^-^)/


子供たちの食の安全を守り、広める―公益財団法人 東京都学校給食会

韓国風すきやき、ボルシチ、野菜と葛きりの芥子醤油和え…
まるでどこかのレストランのラインナップのように見えるこれらのメニュー、
実は東京都内の学校給食で出されるメニューの一部です!
私が学校給食を食べていたころと比べると、種類も味も格段に進化した感があります(^-^)。

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)
(おいしそうな巻き寿司、これも給食!)

今日ご紹介する

「公益財団法人 東京都学校給食会」(以下、東京都学校給食会)さん

は、そんな美味しい給食の普及の、中心的役割を果たしている公益法人さんかと思います。

都内の学校給食の円滑な実施や充実発展に努め、

学校給食における食育の推進を支援することで、

児童生徒の心身の健全な発達や広く都民の健全な食生活の実現に寄与したい!
という理念のもと、今年4月1日に東京都知事から公益財団法人として認定されました。

私は、こちらの監事を務めさせていただいております。
主な事業は4つ。物資の紹介、安全・衛生、普及充実事業、食育です。

東京都学校給食会さんでは、

農薬節減米や産地指定の米、

厳しい目で選び抜いた指定加工工場製のパンや麺類など、

各学校に安心で安全な給食の材料を提供するしくみを持っています。

これが物資の紹介事業です。
各学校からは、注文書で食材を注文すればOK。
まるで、食べ物の素材にこだわったレストランさながら?!ですね。
安全・衛生といえば、物資の紹介でもこだわりのポイント。
食品の衛生管理も厳しいチェックの目を光らせています。
各学校への検査機器の貸し出しなども行っているそうですよ。
普及充実事業では、広報紙の発行のほか、

学校栄養職員を対象とした調理講習会を行っています。

調理講習会で調理したレシピは、HPで公開されています。
栄養バランスを考えたメインディッシュや野菜系の小鉢料理、デザートはもちろん、

1カップの米を電子レンジで炊く方法など、家庭でも使えるレシピがたくさん紹介されていますよ!

今晩のご飯、どうしようかしら?と思ったときに役に立ちます。
また、食育の一環として、東京都で生産された食品の紹介なども行っています。

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)
(八丈島の魚を活用した献立)

子供たちに対する食の安全性が取りざたされることの多い昨今。
東京都学校給食会さんの果たす役割はますます大きくなっていくと思います!
これからの活動にもぜひ、ご注目ください。

●公益財団法人 東京都学校給食会
東京都文京区本駒込5丁目66番2号
TEL:03-3822-9391
FAX:03-5815-7099


あなたの隣に公益法人さん♪公益社団法人上方落語協会

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私の顧問先ではありませんが、一般論でお話します。
公益社団法人上方落語協会さん、という団体があります。
名前のとおり、当初は上方(関西)の落語家が集まり、研究練磨をして、上方落語の発展を目指すことで発足した団体さんです。
上方落語は、江戸時代からの一芸のようですね。
皆さんも舞台やテレビで、扇子や手拭いを使って表現をし、一人で台詞あざやかに物語を展開する場面をご覧になったこともあるかもしれません。
落語は昔からの日本の文化ですよね(^-^)/
こちらのHPを拝見しましたら、団体機関誌は「んなあほな」というタイトルでした(^O^)
何だか、落語に接する機会があまりない私も、読んでみたくなる機関誌ですね。


あなたの隣に公益法人さん♪公益社団法人映像文化製作者連盟

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私の顧問先ではありませんが、一般論でお話しますね。
公益社団法人 映像文化製作者連盟、という団体さんがあります。
こちらは、現在、多様化しているメディア環境の中で、映像コンテンツを扱う製作者の団体です。
思えば、私も日常生活の中に、劇場でみる映画もあり、テレビ番組もあります。
あるいは、企業の広報や販売促進、教育訓練の映像もあります。
長編もあれば、短編もあります。
全てが、映像コンテンツになるのですよね!
こちらの団体さんでは、各種受賞作品の上映会も実施されているようです。
博覧会や展示施設での映像も今は増えていますよね。
個人が製作する映像もありますよね。
そう考えると、映像コンテンツ、かなり幅が広く、私たちの生活に近いものになりますよね!(^-^)b


« PREV |