公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

移行準備のツボ

公益法人が満たすべき認定基準の概要

【質問】
公益法人が満たすべき認定基準について教えてください。

【質問】 公益法人が満たすべき認定基準について教えてください。

【回答】
不特定多数の方々の利益の増進に資するよう、公益法人の認定基準として、大きく分けると「公益性」の基準と「ガバナンス」の基準があります。

公益法人は、不特定多数の方々の利益の増進に資するように、満たすべき基準が定められています。

大きく分けると、公益に資する活動をしているかどうかという「公益性」の基準と、公益目的事業を行う能力・体制があるのかという「ガバナンス」の基準があります。

それぞれの主な概要は以下のとおりです。

(1)公益性の基準(公益に資する活動をしているかどうか)

1.公益目的事業を行うことを主としていること

2.特定のものに特別に利益を与える行為を行わないこと

3.収支相償であると見込まれること
公益法人は、公益目的事業に係る収入がその事業に必要な適正な費用を償う額を超えてはいけません。

4.一定以上に財産を溜め込んでいないこと(遊休財産規定)
法人の純資産に計上された額のうち、具体的な使途の決まっていない財産の額(遊休財産額)が一定を超えてはいけません。

5.理事の報酬等への規制
理事、監事等に対する報酬等について、不当に高額にならないような支給の基準を定める必要があります。

6.他団体への支配への規制
実態として営利活動を行うといった事態が生じないよう、ほかの団体の意思決定に関与できる株式等の財産を保有してはいけません。

(2)ガバナンスの基準(公益目的事業を行う能力・体制があるか)

1.公益目的事業を行うのに必要な「経理的基礎」及び「技術的能力」があること
たとえば、業務を別の法人に丸投げすることなどは禁じられています。

2.相互に密接な関係にある理事・監事が3分の1を超えないこと

3.公益目的事業財産の管理について定款に定めること

4.会計監査人の設置、社員の資格の得喪に関する条件等

また、公益認定を取り消されてから5年を経過していない法人など、一定の欠格事由に該当する法人は、公益認定を受けることができません。


公益&一般移行準備のツボ(役員人事)

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

移行準備のツボ「役員人事」です。

頭いたいんだよね~という呟きも団体さんにはあるでしょう。

でも、役員人事はとても重要です。
早めの準備がやはり、必要です。

まずは定款で役員人数の決めがありますから、その人数の範囲で役員人事をしなくてはなりません。

過去のしがらみもあるでしょう。

過去の歴史もあるでしょう。

ただし、これからは理事会などに出席率が高いと予想できる方を人事しなくてはなりません。

おのずとある程度のしぼりこみが出来ると思います。

役員人事は決まるときには、サクサク決まりますが
いったん迷ったり、揉めると長い時間がかかります。

移行準備のツボ「役員人事」!

これも大事な論点ですね!


法人格変更と印刷物のタイミング

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
移行準備のツボ!というほど深いテーマかどうかわかりませんが
実は法人格変更のタイミングと印刷物手配の悩みをよくご相談いただきます。
今回の公益法人制度改革で、特例民法法人の団体は、必ず法人格変更があります。
公益移行手続きのタイミングは団体によりけりですが
実務レベルですと、団体には年に数回、イベントや行事を抱えているケーズがあります。
このイベントや行事を運営するには、ポスター、ちらし、パンフ、資料など印刷物が少なからず発生します。
印刷物準備の段階では、まだ特例民法法人。
しかし、イベント開催予定は認定&移行手続きの後と仮定します。
つまり、手続きがうまくいけば、法人格変更のあと。
しかし、申請手続きがうまくいくか、未定。
さて、印刷物の法人格は、どうしよう!!
という悩みを抱えることになります。
こんなときの調整タイミングも、ぜひ、実務をしながら、ご相談しましょう。


公益&一般移行準備のツボ!法人格変更の挨拶状

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益&一般移行準備のツボ!というより、移行できた際には、どのような挨拶状がよいでしょうか、という話です。
はい、移行に伴い法人格変更、場合によっては団体名も変更になるケースがあります。
更に代表理事が変更になるケースもあります。
やはり取引先、関係先に、挨拶状などでご案内が必要になりますよね!
挨拶状を出さないといけないという法律があるわけではありません。
ビジネスをしていく上で、また今後のお取引や関係先とよい関係を築いていく上で、やはり大きな節目ですから、案内が必要と思います。
その上で、挨拶状書式は基本的に自由です!
結婚式招待状のごとく、重鎮な重々しい挨拶状も頂戴したこともあります。
それより、若干、軽めのアニバーサリーCard風の挨拶状を頂戴したこともあります。
または新しい団体パンフを一緒にご案内いただいたこともあります。
記念品を作られた団体もあります。
どれが公益&一般移行の挨拶状として正解ではありません。
新しい団体としてのスタートを取引先や関係先にご案内できる心のこもった挨拶状は、とても大事なことですよね(^-^)/


社団法人日本書作家協会、来年4月から公益社団法人に!

いずみ会計とご縁のある

「社団法人日本書作家協会」さん

(以下、「日本書作家協会」)が公益認定を受け、

来年4月1日から公益社団法人として新たな一歩を踏み出されます!

日本書作家協会が誕生したのは昭和34年。

東京都中央区京橋に開設し、

書道の普及を目的として書道通信教育講座等、

書道関係業務を実施している公益法人です。

協会に入会して指導を受けている「会員」の方には、

師範の資格を取得したのみならず、

書道塾の開設指導を受けて書道教室を開設したり、

さらに一流書道展の審査員になっている人も大勢います。

 

会員数は約2500名。

日本各地はもちろん、海外の会員の方もいらっしゃるそうです。

「会員の皆様からは、ベテランの講師による

丁寧且つ適切な指導が大変喜ばれています。」

(日本書作家協会さん)とのこと。

どれほど上達しても、常に日々精進!

日本書作家協会は、その精進の場でもあるんですね。

さて、公益認定にあたって、

思いの外ご苦労されたことがあった、と聞きました。

それが「書道の級や段の制度」のことだそうです。

これには、私も「意外!」と思いました。

書道は昔からある、日本の文化そのもの。

そして「書道●級」「書道○段」なんていう言い方も、

私たちの生活の中でおなじみになっていますよね。

日本書作家協会も、内閣府の認定委員会への事業説明は

すんなりといくもの、と甘く考えていたようでした。

しかしふたを開けてみると

「『級』と『段』の制度そのものや、

それぞれの違いについて改めて説明しなくてはならなかった」

とのこと。

「ある意味、当たり前のことだと思っていたので、

法律的に理論が通るよう、改めて説明するとなると

どう説明していいのかわからなかった。」

と、意外なところで苦戦されたようです。

公益認定を受ける上で、事業の説明に意外と苦労した、

という話はよく聞きます。

当たり前のように公益性がある活動だ、

と思ってやってきたことを、法律的に筋を通して

説明するのは意外と難しいんですよ。

どの団体さんも、しっかりとした準備が必要です!

さて、日本書作家協会さんでは、

来年1/19から上野の東京都美術館で書道展を開催します。

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)

■第54回 新興書道展 (併催 全国学生書道展)

【期間】

平成25年1月19日(土)から24日(木)まで

【時間】

9時30分から17時まで(21日は休館日、24日は入場15時まで)

【会場】

上野公園 東京都美術館

【主催】

社団法人 日本書作家協会

【後援】

文化庁・毎日新聞社・(財)毎日書道会

皆様お誘いあわせて、是非ご覧になって下さい!

ホームページはこちらです。

http://park15.wakwak.com/~syo_sakka/cgi-bin/cgi-bin/qfbbs.cgi?ini-25-Lf

■社団法人 日本書作家協会

(2013年4月1日より公益社団法人になります)

http://park15.wakwak.com/~syo_sakka/

〒104-0031 東京都中央区京橋 2-2-5 近代ビル別館

TEL:03(3274)2398

FAX:03(3278)0064

E-mail:syo_sakka@nifty.com


公益&一般移行準備のツボ(簿外の資産&負債に要注意)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
移行準備のツボ、今回は簿外の資産&負債に注意しましょう、というお話です。
「うちは、帳簿に載っていない資産なんかないよ!あるわけないよ!ははは」
と、大抵の方はおっしゃいます。
はい、もちろん、その通りです。
普通は帳簿に載っていない財産はあるはず、ありませんよね。
でも、こんなのはいかがでしょうか?
例1→レジの釣り銭が合わなくて、多かったときは、それを封筒にいれて、釣り銭とよけておく。
その多かった現金は帳簿に載っていない。
例2→団体の会館に自動販売機がおいてある。
その自動販売機設置の手数料は、封筒にいれてしまってあるけど、予算が足りなくなったときに使うお金にしている。
そのお金は帳簿に載っていない。
いかがでしょうか?
これらの金額はわずかかもしれませんが、団体の帳簿に載っていないお金があるようです。
こういう現金は、簿外の資産、というのです。
これも、当然、帳簿に載せないといけませんよね。
「じゃ、どうやって帳簿に載せればいいのですか」
「はい、雑収益(雑収入)扱いで計上していただくことになります」
こんな些細な、と思われるかもしれませんが、経理は些細なことも大事にしないといけませんよね。
簿外の資産&負債がないか、確認しておきましょう!


公益&一般移行準備のツボ!有形固定資産の確認

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益&一般移行準備のツボ!として、有形固定資産の確認をお話ししたいと思います。
有形固定資産って、何でしょうか。
文字通り、形の有る、固定資産です。
例えば、会計の勘定科目でいえば、土地、建物、建物付属設備、構築物、什器備品、車両運搬具、などです。
土地、建物、車は恐らく帳簿と実物と一致しているでしょう。
しかし、それ以外、特に什器備品は帳簿と実物が異なっているケースがあります。
まず、什器備品のリストはありますか?
そのリストと実態の確認は毎年していますか?
什器備品は古くなれば、買い替えもします。
あるいは壊れて廃棄することもあるでしょう。
新しく必要な備品を購入することもあるでしょう。
それらが、什器備品リストに全て反映されてますか。
んむむ~( ´△`)
いかがでしょうか?
公益&一般移行準備のツボ!として、公益認定は資産の整理が必要ですし
また、一般移行は公益目的財産額の影響があります。
有形固定資産の実態調査を、是非一度、行ってみてくださいね!(^-^)/


公益&一般移行準備のツボ(物販は絶対で収益事業?)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益&一般移行準備のツボで、今回は物販は必ず絶対に収益事業にするのかどうか、という話をしたいと思います。
難しいですよね。
物販は必ず収益事業だ!という団体もあるかもしれません。
逆に。
いやいや、うちの物販は収益事業じゃありません、公益事業ですよ。
という団体もあるかもしれません。
どちらが正しいのでしょうか。
はい、答えはどちらも正解です(^_^)
つまり、物販は収益事業の場合もあるし、公益事業の場合もあるし、両方があり得ます。
一言で物販といっても、その物販の内容、継続性、金額設定などにより、違うんです。
分かりやすい事例でいえば、年に数回のイベントバザー。
民芸文化振興をする団体があるとします。
手作り品などを、原価関係なく1つ100円で売ると仮定します。
お金の収入はあります。しかし、かかる支出、コストの方がいつも多額。
こんなバザー、想像してください。
バザーは、確かに物を売ります。
だから、物販と呼べるかもしれません。
では、バザーは収益事業?それとも公益事業?
私は民芸文化の振興の一環である、公益事業だと思います。
いかがでしょうか?
物販は必ず絶対に収益事業、と決め付けなくてもよいのです。
事業区分の仕方にも、内容を踏まえて、色々ありますよね!(^_^)


公益&一般移行準備のツボ(研修会は中身が大事)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益法人さんは、事業の一環として「研修会」を開催されることがあります。
この「研修会」が、公益事業あるいは実施事業と考えるには、要は中身が重要です。
研修会、という言葉は、とてもいい言葉です。
しかし、中身が重要なんです。
「研修会」という名前の「一部の懇親会」「内輪の飲み会」は、実態が違います。
実態としては、公益事業でもありませんし、実施事業でもありません。
「研修会」という事業が「公益事業」もしくは「実施事業」になるためには
その研修会の内容や目的が公益事業の事業チェックポイント内容に該当していること
かつ
その機会が不特定多数に開かれていて、公益の増進に繋がること
などの内容に該当している必要があります。
いかがでしょうか?
従来から、多くの団体さんでは研修会が多かれ少なかれ開催されています。
内容も趣旨も様々でしょう。
「研修会はいい内容なんだから!」
はい、研修会の内容や目的はいいものかもしれません。
そうであるなら、なおのこと。
研修会が、公益事業あるいは実施事業になるように、今一度、内容をよく検討しましょう!


公益&一般移行準備のツボ(不動産登記をお忘れなく)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
今回は、公益&一般移行準備のツボとして、不動産登記をお忘れなく!という話です。
「不動産登記を忘れるわけがありませんよっ!」
というお叱りの声が聞こえて来そうですね。
はい、仰るとおりです。
通常は、不動産登記を忘れることは少ないです。
一つは売買であれば、不動産やさんが仲介をすることが多く、代金授受もありますから、登記しないと所有権を確保していない、という感じもしますよね。
この場合、不動産登記を忘れることはあまりありません。
一番忘れやすいのは、寄付や贈与のケースかもしれません。
寄付、贈与、の手続きはしっかりやった。
寄付申込書をいただき、団体の感謝状もだした。
寄付をする人も了解し、受けとる団体も了解しました。
お互いに一段落!と、ホッとしてしまいます。
そして、不動産登記を失念してしまいます(泣)
だいたい多いのが、このパターン。
取り合えず、帳簿に計上もしてあります。
団体にどのような財産が増えたかは決算書に記載されます。
そして、不動産登記を失念しても、指摘をする方も特になく。
時間が経過していたりします(泣)
皆さんの団体では同じことはないと思いますが、念のため!
不動産登記の状況を確認しておきましょう(^-^)b


« PREV |