公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集

お客様の声・実績など

決して少なくない産業殉職者を慰霊されている、公益財団法人 産業殉職者霊堂奉賛会様

今日は、いずみ会計とご縁のある「公益財団法人 産業殉職者霊堂奉賛会」さん(以下、奉賛会)は、産業災害等により殉職された方の尊い御霊を合祀奉安する産業殉職者霊堂(高尾みころも霊堂)の運営に協力する公益財団法人です。

高尾みころも霊堂は、昭和47年、労災保険法施行20周年を記念して、国をはじめ産業界の協力のもと、独立行政法人労働者健康福祉機構(旧・労働福祉事業団)によって、東京都八王子市に建立されました。

霊堂内は、産業殉職者の霊位が奉安され、霊堂のシンボルゾーンとなる拝殿(11階)、ご遺族の方々が慰霊を行うための祭祀室(仏教・神道・キリスト教、9階)、産業殉職者のご遺骨を無料(一般勤労者のご遺骨は有料)で収蔵している納骨室(8階から4階)などで構成されています。

京王線の高尾駅の近くから見える金色の霊堂は、太陽の加減でとても綺麗な光り方になりますので、もしかしたらご存知の方も多いかも知れませんね?!

高尾みころも霊堂

奉賛会では、5月の「春の慰霊祭」、8月の「夏まつり」を行い、秋の合祀慰霊式((独)労働者健康福祉機構主催)に協力するなどを行い、ご遺族をはじめ多くの方が参列して「御霊」を慰霊しています。

ちなみに、もうすぐ開催となる春の慰霊祭は、毎年5月の第二土曜日に行われます。(今年は5月9日)
「春の慰霊祭と夏まつりは、会員をはじめ地元の方々に大勢ご参加いただき、にぎやかに執り行っています」(奉賛会)とのことですので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?!

産業での殉職というと「たまに報道されるような特殊な例」のように思われるかもしれませんが、報道されない事例も多く、慰霊祭には毎年多くのご遺族が参加されます。

「奉賛会は、年間の慰霊行事を催し、霊苑の環境美化に努め、御霊をお慰めすることを通じて産業災害の根絶に向けた機運の醸成に努めています。」
という奉賛会の活動に、ぜひご注目下さい!

公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-6 ランディック神田ビル5階
TEL:03-3258-8322 FAX:03-3258-8323


お客様の声・実績など一覧に戻る