公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,ブログアーカイブ,公益法人運営

代表理事の住所移転は変更登記が必要です!

【質問】
当法人の代表理事が住所移転しました。
登記している代表理事の住所はどうすればよいでしょうか?

代表理事の住所移転は変更登記が必要です!

【回答】

代表理事が住所移転した場合には、変更登記を申請する必要があります。

公益法人・一般法人ともに、代表理事の住所は登記事項とされています。
そのため、代表理事が住所移転した場合には、変更登記を申請する必要があります。

この場合、変更登記申請書を提出することになりますが、これに住民票等を添付する必要はなく、委任状に変更後の住所・住所移転した日を記載して申請すればOKです。

とは言うものの、最近の傾向として、代表理事の住所の登記については、厳密さが求めらているように感じますので、住所は住民票の記載どおりに登記するようにしてください。

代表理事の住所移転は、法人とは関係なく、代表理事のプライベートな都合で行われることが多いためか、「まさか法人で手続きが必要だと思わなかった!」と変更登記自体を失念する方も少なからずいらっしゃいます。

必ず変更登記を行うようにしてください!

無料相談ボタン_03

| 最新の記事 |