公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,ブログアーカイブ,経理現場のお仕事

寄附金の領収書、 記載事項は?

【質問】
寄附金の領収書を発行する場合、書かなければいけないことは何ですか?

【回答】
最低限、寄附者の住所・氏名、受領した寄附金の金額、寄附金受領年月日、寄附金受け入れ団体の所在地・名称などを記載することが必要です。
また、公益社団法人等寄附金特別控除の対象法人は、年間の領収書をお渡しする際に、確定申告用に税額控除にかかる証明書の写しもあわせてお渡しください。

寄附金の領収書に記載すべき事項は
1.寄附者の住所・氏名、
2. 受領した寄附金の金額、
3.寄附金受領年月日、
4.寄附金受け入れ団体の所在地・名称 
が最低限、必要です。

なお、寄附をした個人が確定申告の際に寄附金控除や税額控除(公益社団法人等寄附金特別控除)を受ける場合には、領収書に加えて、その法人が税額控除対象法人であることを所轄庁が証する書類の写し(税額控除にかかる証明書)の添付が求められます。

そのため、公益社団法人等寄附金特別控除の対象法人の場合、1年間の寄附金領収書に加え、税額控除にかかる証明書の写しをあわせてお渡しする必要があります。
証明書の写しは、必ずしも別書類でお渡しする必要はなく、たとえば領収書の裏面などに掲載して領収書と証明書を兼ねる、という形でもかまいません。

無料相談ボタン_03

| 最新の記事 |