公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,公益社団・公益財団

公益財団法人の正味財産額が300万円未満になったら?

【質問】

公益財団法人です。
貸借対照表の純財産(正味財産)額が300万円未満になった場合、どうなるのでしょうか?
公益財団法人の正味財産額が300万円未満になったら?

【回答】
2事業年度連続で純財産額(正味財産額)が300万円未満になった場合は解散となります。

貸借対照表の純財産額(正味財産額)が300万円未満になったからといって、即解散にはなりません。

ただし、2事業年度連続で、純財産額(正味財産額)が300万円未満になった場合には、その2事業年度目の定時評議員会において解散となりますのでご注意ください。


| 最新の記事 |