fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

経理現場のお仕事

お金が絡む不正は残念ながらあります

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私の顧問先さんの話ではありません。
一般論のお話しです。
皆様は新聞やニュースで、「経理の不正で◯◯万の流用」という記事が流れるのを一度は気付かれたでしょうか。
株式会社も役所も学校も公益法人の世界にも、残念ながら
「経理の不正」
という記事がでることはあります。
「不正」
という言葉の意味は、かなり広いです。
「間違えた事務処理」
というレベルの「不正」もあります。
しかしながら。
「故意に私的に使い込み」
というレベルの「不正」もあります。
あるいは。
「最初はそのつもりがなくても、結果は会社に損害を与えた」
というレベルの「不正」もあります。
売掛金で販売してはいけない取引先に、売掛金で販売をし、貸し倒れになった。
これもやはり私は「不正」だと思います。
では、なぜ「不正」が起きるのでしょうか。
私は個人的に、「不正をする人」と「不正が出来る体制の会社」と
最低は二つの要件があると思います。
「不正をする人」が仮にいたとしても、
「不正が出来る体制の会社」でなければ、未遂に終わるかもしれません。
つまり、会社側も「不正が出来ない体制」にする必要があるのです。
この内部管理に関する体制作りは、株式会社だけではなく、公益法人も、必要なことです。
何も大上段に構えた大袈裟なことは絶対値ではなく、日々のルールや決まりごとから始めるのがよいと私は個人的に思います。
「不正」は残念ながら、どこかの企業で起きています。
会社側も、不正が出来ない体制作りに取り組んでみませんか?


| 最新の記事 |