fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

相談員の日記

それはタブーです!

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
私は顧問先さん、監事をしている団体さん以外にも、色んな場面で諸々相談受ける団体さんから相談を受けています。
ある時、こんな相談がありました。
「うちの団体では過去の決算書に残念ながらミスがあったことが後日にわかりました」
私は、はい、なるほど、そういうこともあるかもしれません、と、頷いて聞いています。
すると団体さん、このように言いました。
「という訳で、誤りを直すやり方なんですが、年度切替の時に、貸借対照表の期首残高を変更すればよいですか」
私は、びっくりして、思わず聞きました。
「貸借対照表の期首残高をいきなり、変更するって、どなたが決めたのですか!?」
「理事方々とか、もにゃもにゃ~、、、」
団体さん、少し声が小さくなります。
ダメです、そんな乱暴なやり方はしてはいけません!
「では、どうすればいいのですか」
はい、過去の決算書の誤り理由により、対応の方法が変わります。
ただし、いずれにしても、正しい決算書にしなくてはなりませんよね。
誤りは気づいたときに、対処していきましょう!


| 最新の記事 |