fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

経理現場のお仕事

公益法人の略称(銀行振込の場合)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
この記事は「経理現場のお仕事」というテーマにしましたが、これは私の事務所の経理現場の話です(^-^ゞ
私の方はお陰様で、公益法人さんとのお取引が多くあります。
私の仕事では、請求書を発行して報酬をお振込いただく流れです。
しかし。
公益法人さんの正式名称通りですと、通帳記帳しても全ての法人名、要はフルネームが記載しきれません(涙)
つまり。
公益社団法人 日本◯◯協会
という団体さんがあったとします。
カタカナの正式名称は、次の通り。
コウエキシャダンホウジンニホンマルマルキョウカイ
では、次に問題です。
銀行によっても若干異なりますが、通帳記帳した際に、相手先(振り込んだ方)の名前は何文字枠まで、表示されるでしょうか。
仮に10文字枠までとしましょう。
通帳もスペースに限界があるので、文字枠はだいたい似たり寄ったりの感じでしょう。
10文字枠しか表示されない場合、次の通りです。
コウエキシャダンホウ
はい、ここまでで10文字枠です。
これでは肝心の法人名が解りませんね(涙)
正式な文書名では、団体も正式名称を使うべきでしょう。
でも、銀行振込の場合には、思いきって法人格を省略するのはいかがでしょうか?
つまり、次のようになります。
ニホンマルマルキョウ
ここまでで10文字枠です。
全ての法人名は解りませんが、でも相手先は特定できると思います。
いかがでしょうか?
公益法人さんの略称も、銀行振込の場合には、相手先の処理を考えて、臨機応変に対応できたら良いですよね!(^-^)b


| 最新の記事 |