fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 公益法人の略称(銀行振込のとき)

公益法人の略称(銀行振込のとき)

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

公益法人の略称について、色々と現場の取り扱いが分かれているようです。

そして、銀行で相手先が公益法人である場合、どのように振込みするのでしょうか?

現在、公益法人という法人格は以下のパターンがあります。

財団法人、社団法人(特例民法法人)

一般財団法人、一般社団法人(新法の公益法人、または移行認可した元特例民法法人)

公益財団法人、公益社団法人(新法の公益法人、または移行認定した元特例民法法人)

さて、私個人、あるいは一般企業などが、このような相手先さんに

銀行振り込みを行う場合には、どのように略称をしようすればよいでしょうか。

これは銀行において取り扱いがきまっています。

ザイ)・・・・・財団法人、一般財団法人、公益財団法人

シャ)・・・・・社団法人、一般社団法人、公益社団法人

この省略でいいのですね。

確かにフルネームで公益法人名を記載するのは文字数制限で厳しいですよね。

たとえば、公益社団法人日本○○協会、という団体であれば

「コウエキシャダンホウジンニホンマルマルキョウカイ」になりますからね。

少し長すぎるかもしれませんよね。

銀行振り込みにおいては、簡潔に省略が可能です。

経理日常業務のヒント、経理現場のヒントにしていただければ幸いです♪


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

これまでの記事