fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

お客様リクエスト

公益財団&社団になったらまず何をする?

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
最近、移行関係のご相談とあわせて、こんなご相談も聞かれるようになりました。
「気の早い相談ですが、公益財団&社団になったら、まず何をするんですか?」
たいへん漠然とした質問ですよね?
ただ、ご相談者が言わんとしているニュアンスは何となく伝わりますよね。
こんなイメージがあるのだと思います。
公益財団&社団に認定を受けた!
そして。
やった~、万歳!
登記をするぞ!
さて、次は何が重要で、何をしなくちゃいけないのだろう?
という疑問が出てきたのだろうと想定します。
私としては、まず決算作業があることをお伝えします。
ここは皆様、頭にインプットされてますね。
次に決算前後に、必ず理事会、評議員会、社員総会を開催しますから、その段取りが必要になることをお伝えします。
「そうだ、そうだ、理事会はしないといけませんよね」
会議の開催も、皆様のイメージにインプットされてますね。
私はこの会議の場で、全ての社内規程の改訂承認を得るように依頼しています。
公益認定の申請手続きにおいて、定款その他付属規程は既に改訂されていると思います。
しかし、まだ古い規程のまま、という社内規程もたくさんあると思います。
最低、どの規程も、名称変更、施行日付の変更などがあるはずです。
また、この機会に内容変更となる規程もあるはずです。
公益財団&社団になったら、社内規程の改訂を理事会などの議案にしていただくこと!
このことは、これからの公益財団&社団に期待される法令遵守のスタートだと私は考えています!


| 最新の記事 |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA