fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 公益&一般移行準備のツボ(公益法人用会計ソフト活用)

公益&一般移行準備のツボ(公益法人用会計ソフト活用)

こんにちは!

 

いずみ会計の税理士の浦田です。

 

 

公益&一般移行の準備にあたって、公益法人用会計ソフトを活用することもいいかもしれませんね!

 

 

公益&一般移行の準備にあたっては、財務情報の整理がとても重要です。

 

これはすでに準備をされた方は、よくその重要性を認識しているでしょう。

 

 

公益事業(実施事業)はどれにするのか

 

収益事業(その他事業)をどれにするのか

 

それをどのようにグルーピングしていくのか

 

費用(支出)について、従来管理費でまとめていたものを
どのように事業費に割り振っていくのか

 

上記のように整理したあと、公益事業の収支はどのようになるか、
収益事業の収支は、法人会計の収支はどうなるのか

 

最終的には、翌年殿の貸借対照表はどのような考え方でまとめるのか

 

これら、すべて移行準備にでてくる作業です。

 

 

 

逆にいえば、これらの財務情報整理をしなくては、公益にいくのか、一般にいくのかも
なかなか決めきれないでしょう。

 

 

なぜなら、公益にしても、一般にしても、申請上で財務上の要件がいくつかあるからです。

 

この要件をクリアできるかどうかを考えないと、準備が先に進まないからです。

 

 

そのときには、現在の予算書、現在の決算書を元にいくつかシュミレーションを行う必要があります。

 

 

そのシュミレーションは、エクセルでやりますか?
もちろん、エクセルでもできないことはありません。

 

 

ただし、膨大な作業時間工程がかかります(涙)
本当ですよ、私が実際に手作業したことがありますから、事実です。

 

 

 

でも、財務情報の整理、それらのシュミレーションが公益法人会計ソフトを活用することで
作業工程が効率的になるケースもありますよ。

 

ぜひ、財務要件の検討には、公益法人用会計ソフトを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)-公益法人会計ソフト

 

 

 

 


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

これまでの記事