fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

告知

常盤山文庫名品展2012 開催のお知らせ

いずみ会計とご縁のある

「財団法人 常盤山文庫」さんが、


展覧会「常盤山文庫名品展2012


を開催いたします。



常盤山文庫は昭和18(1943)

鎌倉の地に実業家の菅原通濟氏によって創始されました。


そのおもな収蔵作品は、禅僧の書である墨蹟、

水墨画、古筆、工芸品などで構成されるとともに、

通濟氏の父恒覧氏が収集を始めた

菅原姓にちなんだ天神さまの美術作品を収蔵していることも

ひとつの特色です。


これらの収蔵作品には、

国宝2件、重要文化財23

が含まれています。



今回の名品展では、書画の名品に加え、

近年の中国陶磁研究会の成果である

米色青磁(南宋官窯)を特集しています。

南宋皇帝のために焼かれた稲穂色の官窯青磁。

わが国にのみ存在する四点のうち

三点を所蔵する常盤山コレクションを、

その拠り所となった米内山庸夫採集陶片とともに紹介します。




公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)

米色青磁瓶(南宋)



■常盤山文庫名品展 2012―特集:米色青磁―


【会期】

平成24531()71()

(休館日 / 毎週月曜日)

※会期中毎週土曜日午後1時より、担当研究員による列品解説をいたします。


【開館時間】
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)



【会場】

鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)


【観覧料】

一般300円(団体210円)、小中学生100円(団体70円)

※団体は20名以上から



展覧会への観覧料金で

平常展示「鎌倉の仏像」

も見ることができるそうです。

東京からも近い鎌倉で、

滅多に見ることのできない陶磁器の名品を

鑑賞してみませんか?!



●常盤山文庫名品展 2012―特集:米色青磁―
http://park7.wakwak.com/~tokiwayama-bunko/framepage.html



財団法人 常盤山文庫のHPはこちら
http://park7.wakwak.com/~tokiwayama-bunko/index.html


※米色青磁瓶(南宋)の画像は、常盤山文庫さんのHPより拝借いたしました。


| 最新の記事 |