fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

公益法人税制

法人が公益法人に寄附した場合の優遇措置

【質問】
法人が公益法人に対して寄附を行った場合、何か優遇措置があるのでしょうか。

【回答】
公益法人に対する寄附を行った場合、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。

法人税法では、法人が支出する寄附金について、その法人の資本金等の額、所得の金額に応じた一定の限度額まで、損金に算入することができます。

さらに、公益法人に対する寄附を行った場合は、一般寄附金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。

具体的な金額は次の通りとなります。

A)公益法人への寄附金の特別損金算入限度額
(所得金額の6.25%+資本金等の額の0.375%)×1/2

B)一般寄付金の損金参入限度額(Aの限度額を超えた分を含む)
(所得金額の2.5%+資本金等の額の0.25%)×1/4


| 最新の記事 |