fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

理事・監事・評議員

理事の報酬の決め方

【質問】

理事の報酬は、どのようにして決めればよいでしょうか?

決める際に注意すべき点なども教えて下さい。

【回答】

定款で報酬に関する定めを置くか、社員総会又は評議員会の決議により決定されます。

その場合、報酬額は全理事の報酬の総額の最高限度額を定めれば問題ありません。

理事の報酬の決定は本来、法人の業務執行の一場面です。

だからといって、理事ないし理事会で決定すると、自分たちで自分たちの報酬を決めるということになります。

これでは恣意に流れる(=いわゆる「お手盛り」)危険性があるため、定款で定めるか、社員総会又は評議員会の決議により決定する、とされています。

その場合、個々の理事の報酬額まで定款や社員総会等の決議によって決定する必要はありません。全理事の報酬の総額の最高限度額を定めればOKです。

なお、理事の報酬を無報酬とすることもできます。


| 最新の記事 |