fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社員が1人になった場合

社員が1人になった場合

【質問】

昨年、一般社団法人を社員2名で設立致しました。

ところが今年に入って社員のうち1名が法人を辞めることとなり、社員が1人となってしまいます。

この場合、法人は解散しなければならないのでしょうか?

【回答】

設立後、社員が1名になっても解散にはなりません。

一般社団法人の設立にあたっては、社員2名以上が必要となります。

特に

・設立のときに定款を作成し、公証人の認証を受けること

及び

・設立時理事(設立時監事や設立時会計監査人を置く場合は,これらの者も)の選任を行うこと

は、設立時社員(法人成立後最初の社員となる者2名以上)が行うこととされています。

ここでいう社員2名以上、というのは設立時の話です。

もし設立後に社員が1人だけになった場合、一般社団法人は解散にはなりません。

ただし、社員が欠けた場合(0人となった場合)には解散することになります。


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

これまでの記事