fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

移行準備のツボ

社団法人日本書作家協会、来年4月から公益社団法人に!

いずみ会計とご縁のある

「社団法人日本書作家協会」さん

(以下、「日本書作家協会」)が公益認定を受け、

来年4月1日から公益社団法人として新たな一歩を踏み出されます!

日本書作家協会が誕生したのは昭和34年。

東京都中央区京橋に開設し、

書道の普及を目的として書道通信教育講座等、

書道関係業務を実施している公益法人です。

協会に入会して指導を受けている「会員」の方には、

師範の資格を取得したのみならず、

書道塾の開設指導を受けて書道教室を開設したり、

さらに一流書道展の審査員になっている人も大勢います。

 

会員数は約2500名。

日本各地はもちろん、海外の会員の方もいらっしゃるそうです。

「会員の皆様からは、ベテランの講師による

丁寧且つ適切な指導が大変喜ばれています。」

(日本書作家協会さん)とのこと。

どれほど上達しても、常に日々精進!

日本書作家協会は、その精進の場でもあるんですね。

さて、公益認定にあたって、

思いの外ご苦労されたことがあった、と聞きました。

それが「書道の級や段の制度」のことだそうです。

これには、私も「意外!」と思いました。

書道は昔からある、日本の文化そのもの。

そして「書道●級」「書道○段」なんていう言い方も、

私たちの生活の中でおなじみになっていますよね。

日本書作家協会も、内閣府の認定委員会への事業説明は

すんなりといくもの、と甘く考えていたようでした。

しかしふたを開けてみると

「『級』と『段』の制度そのものや、

それぞれの違いについて改めて説明しなくてはならなかった」

とのこと。

「ある意味、当たり前のことだと思っていたので、

法律的に理論が通るよう、改めて説明するとなると

どう説明していいのかわからなかった。」

と、意外なところで苦戦されたようです。

公益認定を受ける上で、事業の説明に意外と苦労した、

という話はよく聞きます。

当たり前のように公益性がある活動だ、

と思ってやってきたことを、法律的に筋を通して

説明するのは意外と難しいんですよ。

どの団体さんも、しっかりとした準備が必要です!

さて、日本書作家協会さんでは、

来年1/19から上野の東京都美術館で書道展を開催します。

公益法人専門の税理士(いずみ会計事務所・税理士浦田泉)

■第54回 新興書道展 (併催 全国学生書道展)

【期間】

平成25年1月19日(土)から24日(木)まで

【時間】

9時30分から17時まで(21日は休館日、24日は入場15時まで)

【会場】

上野公園 東京都美術館

【主催】

社団法人 日本書作家協会

【後援】

文化庁・毎日新聞社・(財)毎日書道会

皆様お誘いあわせて、是非ご覧になって下さい!

ホームページはこちらです。

http://park15.wakwak.com/~syo_sakka/cgi-bin/cgi-bin/qfbbs.cgi?ini-25-Lf

■社団法人 日本書作家協会

(2013年4月1日より公益社団法人になります)

http://park15.wakwak.com/~syo_sakka/

〒104-0031 東京都中央区京橋 2-2-5 近代ビル別館

TEL:03(3274)2398

FAX:03(3278)0064

E-mail:syo_sakka@nifty.com


| 最新の記事 |