fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

ミニコラム

緊急時の事務局態勢~少人数だからこそ大事です!

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益法人さんの多くは、少人数の職員態勢です。
事務局の人数メジアンは、私の体験感覚だと2~3人。
☆註→メジアンとは「中央値」のこと。
「平均値」と少し意味合いが違います。
大規模公益法人には数百人の職員がいますから、平均値はもう少し高い人数でしょう。
非常勤やアルバイトを含み、だいたいこのような態勢の事務局が多いのではないでしょうか。
そして実際には非常勤の理事さんがいます。
つまり、事務局の構成はこんな形が多いのではないでしょうか。
【例】
非常勤の理事さん

常勤の事務局長さん1名

常勤の職員さん1名

非常勤の職員さん1名
(アルバイト、パート、派遣さんなど)
この少人数態勢で、今回のような緊急時に対応をとらなくてはなりません。
事務局内部での緊急時の連絡方法
外出時の場合の連絡方法
少人数だからこそ、迅速に動く必要がありますし、
また少人数だからこそ、迅速に動けるはずです!
今のこのときに、緊急時の職員態勢と理事さんとの連絡方法を見直しておきましょう。


| 最新の記事 |