fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集

お客様の声・実績など

公益財団法人1more Baby応援団様は「かぞくをもう一人」が実現できる社会をめざしています

 今日は、いずみ会計とご縁のある「公益財団法人1more Baby応援団」(以下、1 more Baby応援団)さんをご紹介致します。

本当に一昔前までは、何人も子供がいる家族は珍しくありませんでした。
きょうだいが遊んだりケンカしたり・・・賑やかな声が聞こえてくる家庭があちらこちらにあったような気がします。

少子化が社会問題となっている最近でも、子供は何人か欲しい!と望んでいる家庭はたくさんあるといいます。

1 more Baby応援団の調査によると、「本当に持ちたいと思っている子どもの人数」について調査したところ、子ども1人家庭の65%が「2人以上が理想」、子どもが2人の家庭では38%が「3人以上が理想」、子どもが3人以上の家庭では28%が「4人以上が理想」と回答し、全体では半数以上の家庭が、実際の子どもの人数に加えて「もうひとり」、またはそれ以上の子どもを持ちたいと考えていることがわかりました。

「自主調査を通じ、日本には『二人目の壁』というものが存在することを知りました。
二人目の壁とは、第二子を希望しているものの、経済的な理由や仕事の環境などによって、その実現を躊躇してしまうことをいいます。この問題を解決するためには、いくつもの高い壁があることを知っていますが、日本が抱えているこの問題をどうしても解決したいと思い、私たちは活動を開始いたしました。」
と語るのは、応援団長の玉木伸弥氏(タマホーム株式会社 代表取締役副社長兼COO)

かぞくをもうひとり

主な活動として、結婚、妊娠、出産、子育て支援に資する啓発活動、研修、研究や情報提供などを行っています。
「本当に持ちたいと思っている子どもの人数」に関する調査など、結婚、妊娠、出産、子育て支援に関する調査結果は、1 more baby応援団さんのホームページで公開していますのでぜひご覧下さい!

理事長の森まさこ氏(参議院議員 前少子化担当大臣)は、1 more Baby応援団の活動に寄せて、
「子育ての幸せを実感できる方が増えれば、周りの方も、子供を持ちたいと思う方も増えると思います。
そして、もう一人子供を授かってもいいかな、という希望も叶えられると思います。(中略)
子供をもう一人持ちたいと思うことができる暮らし、子供を安心して育てられる社会の実現に向けて、わたしたちも行動していきます。」
と抱負を述べています。

今後の活動に、ぜひご注目下さい!

公益財団法人1more Baby応援団
東京都港区高輪3丁目22番9号
電話番号:03-6840-8836
E-mail :info@1morebaby.jp


お客様の声・実績など一覧に戻る