fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

移行準備のツボ

公益&一般移行のツボ(次年度予算を慎重に!)

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

私のほうでは、特例民法法人が公益&一般へ移行する準備のお手伝いを複数しております。

公益認定も、一般移行も両方ともお手伝い可能です。

すでに、お手伝いさせていただきました団体は複数が認定結果をいただき、

無事に登記も完了している状況です。

その経験を踏まえて、

移行準備のツボをいくつかご紹介したいと思います。

「次年度予算を慎重に!」

団体では、とにかく予算を作ることは慌しい時期に行うことが多いです。

おおむね、決算が固まる前にする作業が次年度予算策定です。

3月決算であれば1.2月くらいに予算検討をするでしょう。

決算見込みを踏まえつつ、次年度予算を決める作業をするので、事務局はそれはそれは慌しいです。

でも、ちょっと、今回申請を前にしている予算書は慎重に検討してください。

その予算書を元に、申請書を記載することになります。

申請の根拠になる予算書です。

「えいやー」という言葉が経理業界にはありますが、申請に使う予算書は

「えいやー」で決めてしまうのは、団体にとってのリスクが高すぎます。

できれば、予算理事会の半年前から、次年度予算を検討しましょう。

それくらいの時間をかけてもいい、検討事項だと思います。

だって、その予算書で申請の手続きをするものですから。

次年度予算は、申請を意識して、慎重に検討することが、申請のツボともいえるでしょう。


| 最新の記事 |