fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 特定資産という用語

特定資産という用語

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
今回は「特定資産」という用語についてです。
現在の公益法人会計基準の固定資産の部に、この表示があります。
「とくていしさん」と読みます。
では、どのような意味でしょうか。
特定資産とは、特定の目的のために、使途や保有、運用方法等に制約のある資産を言います。
預金、有価証券、土地、建物、などが考えられます。
代表例は、退職給付引当資産、特定費用準備資金、資産取得資金などです。
実務的には、特定資産の取扱要領を作成しておく必要があると思いますよ!
どんな目的で、どのように積立をするか。
目的取崩の要件や、運用方法などを、決めておかないといけませんよね。
詳しくは、いずみ会計の税理士の浦田まで、お問い合わせください!


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

これまでの記事