公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

公益認定後の注意点

公益法人に対する立入検査の頻度について

こんにちは、いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

立入検査の頻度についても、内閣府が「立入検査の考え方」という資料にて
目安などについて発表をしています。

立入検査の実施頻度等についてですが、

公益認定後の第1回の立入検査はできるだけ早期(認定後おおむね1-3年以内を目途)
に実施するよう努める。

第2回以降は直近の立入検査実施後3年以内に実施

という考え方になっています。

まずは、認定後、そんなに長くない間の期間に立入検査がはいり、
その後は状況によって頻度が変わってくる、という意味合いです。

事業の運営状況に応じて、頻度を増やすこともあるでしょう。

あるいは、重点的や機動的に立入検査が入る場合もあるでしょう。

いずれにしても、公益認定を受けた団体さんにとっては、必ずめぐってくる検査なのだと思います。

ただし、必要以上に身構えることはありません。

ある日、いきなり立入検査が入るわけではなく、事前に検査の日時などの連絡が入ります。

いつきてもいいように、日ごろからの運営に気を付けておくことが大事ですよね。


| 最新の記事 |