fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

移行準備のツボ

公益&一般移行準備のツボ(役員報酬の確認)

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益&一般移行準備のツボとして、今回は役員報酬のお話をしたいと思います。
「うちは役員報酬は規定でゼロだから、大丈夫だよ~」
「うちは役員報酬は常勤だけ。しかもちゃんと理事会で上限額決めてるよ~」
はい、そうですか。
でも、私は更に確認をお願いしたいと思います。
では、役員に対する支給は、本当に役員報酬の科目、だけですか。
具体的に、諸謝金、支払手数料、交通費、委託料、顧問料、このような科目で、役員に対する支給はありませんか。
そこで、少し悩む団体さんが大きくいらっしゃいます。
「実は諸謝金で、出している場合があります」
「予算は昔から、顧問料、で処理しています」
はい、それら、原則は役員報酬ですね。
すると、団体さんは、「え~、、、、」と悩むことが多いです。
でも、役員だからこそ払う対価と考えたら、予算の科目がどうであるか、過去の科目がどうであるか、は関係ありませんよ。
それは役員報酬ですね。
「う~ん、、、」
悩む団体の気持ちも、わからないではありません。
でも、役員だからこそ払う対価と考えてください。
役員じゃなければ、払わない対価と考えてください。
そうしたら、やはり、役員報酬ですね。
「そっか~、言われてみたら、確かに役員じゃなければ、払わないです」
そうですよね。
役員報酬の内容について、確認することをお勧めします!


| 最新の記事 |