fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

一般社団・一般財団

収益事業のみ法人税課税される一般法人があるの?

【質問】

一般法人の中には、収益事業のみに法人税が課税される法人もあると聞きました。

どういう法人が該当するのでしょうか?

【回答】

一般法人でも、各事業年度の収益だけでなく、残余財産の分配についても構成員(社員)や関係者に分配できないことが明白であり、その組織運営等が一定の基準が満たされているものについては、収益事業のみ法人税課税(収益事業課税)という措置が取られています。

一般法人は、登記だけで法人が設立できる「準則主義」が取られており、またその目的事業の範囲にも制約がありません。

そのため、基本的には株式会社などの普通法人と同様の税制が適用されます。

ただし、各事業年度の収益だけでなく、残余財産の分配についても構成員(社員)や関係者に分配できないことが明白であり、その組織運営等が一定の基準が満たされているものについては、収益事業のみ法人税課税(収益事業課税)という措置が取られています。

もう少し詳しく言うと、税制上、一般法人は「非営利徹底型」、「共益型」、「普通法人型」の3つに区分されます。

このうち、「非営利徹底型」と「共益型」の一般法人は、収益事業課税となります。


| 最新の記事 |