fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

ミニコラム

決算書占い?話

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

私は、内閣府外部相談の相談員をしています。

その他、色んな場面で、単発の相談を受けることがあります。

私の顧問先さんの決算書は、日頃、何回も見慣れていますが、顧問先さん以外の決算書を拝見するのは、基本的にその時が初めてです。

恐らく100社以上の公益法人決算書を初見で、相談とアドバイスをしたことになります。

こういうのは場数、つまり、経験で勘が強くなります。

占いも統計学に基づいている、とは言われますが、決算書の初見でアドバイスをするのも、一種の統計学かもしれません。

私が初めての決算書を拝見し、団体の方が説明を少ししていただけたら、まずは重要な課題をいくつかその場で指摘させていただきます。

かつ、その優先順位も私の考えを伝えます。

「浦田先生!占いみたいですね!?決算書みただけで、そんなことがわかりますか!」

と、ある団体の方に言われました。

はい、細かいことまでを初見でカバーするのは難しいですが、重要な課題、問題点については、ある程度、すぐにお話することが可能です。

「うちの団体の決算書を占ってほしい!」

いえいえ、「占い」ではありませんよ、統計です(^-^)/

決算書には、その団体のお金の管理、過去の背景、そんなところまで推測できるデータがあります。

という訳で、決算書を拝見して相談することは、占いではなくて、統計学ですよ。

「それでも、うちの団体の決算書をみて、感想を言ってください!」

はい、その場合は予約制で単発相談をしています。

是非、お問い合わせください!


| 最新の記事 |