公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

公益認定後の注意点

立入検査の実例 その1

こんにちは、いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

公益認定を受けられた団体さんが主なテーマになると思いますが、
立入検査に関する実例の情報です。

私が参考にしている情報は、公益財団法人 公益法人協会 さんの資料です。

公益法人協会さんは、立入検査の第一号実例です。
またあわせて、具体的な団体名は公表されていませんが、
立入検査があった実例が、公益法人協会さんに報告されているようです。

その実例の資料の一部を御紹介したいと思います。

1.事前通知

立入検査実施予定日の概ね1ケ月前に、日程、場所などの事前通知があるようです。
日程については、法人の事情により調整が可能です。

例えば、団体の大きなイベント前日であったり、出張で役員が不在の日などは
事情を説明すれば、日程調整は十分に可能かと思いますよ。

2.検査時間

概ね午前10時から午後5時までの7時間のようです。
多少の前後の短縮、延長もあるようです。

このあたりは、私からしますと税務調査が概ねこの時間帯に行われるので、
外部から役所の方が当事者(この場合は公益法人、税務調査は納税者)に
相対するのは、この程度の時間帯が適切なのかな、という感じがします。

3.検査官

2名が最も多いようです。
また3名の事例もあったようです。

(つづく)


| 最新の記事 |