fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

お客様リクエスト

銀行名義が団体名義と違う場合

こんにちは!

いずみ会計の税理士の浦田です。

ちょっと一定の方には違和感があるタイトルかもしれません。

「銀行名義が団体名義と違う場合」というタイトルの記事です。

「そんなことないでしょー」

「だって、銀行は違う名義では口座が作れないでしょ」

そうですね。

銀行は口座を新規開設するときには、謄本などを確認することが原則です。

でも特例民法法人さんの中には、もうかれこれ、戦前!あるいは、昭和の古い時代からの

銀行口座をそのまま継続して利用している方もいます。

銀行口座の本人確認手続きも、今より昔はある程度、柔軟性が高くて

謄本そのままの名義以外でも銀行口座が作れた時代がありました。

あなたの祖父祖母で、本名以外の銀行口座があった、なんてことはありませんでしたか。

例えば、昔のおばあちゃんが本名は「ツル」なのに、「ツル子」という名義で銀行口座があったなんて

親戚での雑談で聞いたことはありませんか。

団体の古い名義の通帳もこの状況と似ているケースがあります。

正式名称に近いけれども、でも、ジャスト謄本名義ではない通帳があるケースもあります。

あるいは、古い理事長名が残ったままの通帳をそのまま使い続けているケースもあります。

これはいずれ、変更手続きが必要な口座ということになります。

普段の入金や振込みなどに支障がないと、ついつい、手続きそのものを忘れているケースもあります。

決算のときなどに、残高証明を正式名称で取得してみると、実際の団体名とちょっと違う・・・

なんて、ことに気づいた事務局の方はいませんか。

気づいたときが変更手続きのよい機会ですよ。

是非、銀行口座などについては、団体正式名称に統一する手続きをお忘れなく!


| 最新の記事 |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA