fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

ブログアーカイブ

引越費用の会計処理

【質問】
事務所を構えていたビルが取り壊されることとなり、オフィスの移転を余儀なくされました。
引越費用について、「経常費用で処理する」という人もいれば、「経常外費用として処理する」という人もいて、どちらが正しいのか判断できません。
ちなみに当法人は音楽関連の公益法人で、ピアノをはじめ、大きな楽器類を移動させなければならないので、引越費用が600万円を超える見込みです。

【回答】
引越費用は、原則として経常外費用になります。

なーんだ、ということは「経常費用で処理する」という人は間違っているのか、というとそうでもありません。
なぜ「原則として」なのかというと、「少額であれば経常費用として処理することも認められる」からです。
つまり、少額ならば経常費用、そうでなければ原則通り経常外費用として処理することになります。

ちなみに今回のご相談の場合、600万円の引越費用というのは超大規模法人でない限り、少額とは言い難い金額なように思います(^^;:


| 最新の記事 |