fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 収支予算(収支)は作らなくてよいのですか?

収支予算(収支)は作らなくてよいのですか?

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
お客様からお問い合わせいただく相談の中に、この質問がたまにあります。
「収支予算(収支)は、作らなくてよいのですか」
という質問です。
ここでいう、収支予算(収支)とは、昔からある資金の動きを表す収支予算のことです。
収支予算(正味財産増減)は、公益法人の皆様も作成していますよね!
そうすると、「予算って二つの書類で作成が必要なの?」という疑問が出てきます。
その団体さんの経理規程によりますが、私は収支予算(収支)の作成をお勧めしています。
そんなに大変な作業ではないはずです。
収支予算(正味財産増減)が出来ているのであれば、
その一部を変更する作業になります。
固定資産の購入や、内部の積立資金の取り崩しや取得などは、収支予算(収支)でしか表せません。
このことは、従来から経理担当をしている方は、お分かりいただけるかと思います。
収支予算(収支)も、是非、ご検討をお勧めしたいと思います(^-^)/


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

これまでの記事