fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

ブログアーカイブ,一般社団・一般財団

役員の資格を制限できる?

【質問】

一般社団法人の設立を考えています。

当法人の性格上、役員は社員であることが望ましいと考えているのですが、役員は社員に限る、といった具合に資格を制限することはできますか。

【回答】

一般社団法人の定款において、理事又は監事の資格を「社員に限る」定めをおくことは可能です。

法人の性格上、社員を役員にするほうが好ましいというケースはよくあります。

実際に、一般社団法人の定款において、理事又は監事の資格を「社員に限る」定めをおくことは可能です。

ただし、定款による役員の資格の制限は、「不合理なものであってはならない」とされています。

例えば「社員総会は、●●協会の事務局長の地位にある者を理事に選任する。」「理事は、設立者が指名した者の中から評議員会で選任する。」のように、社員総会又は評議員会以外の者(機関)に事実上の決定権(拒否権)を与えることはできません。

いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから


| 最新の記事 |