fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,マイナンバー制,経理実務

マイナンバーの本人確認、職員等にも必要ですか?

【質問】
マイナンバーを取得する際には本人確認が必要とのことですが、法人の職員に対しても本人確認をしなければいけないのでしょうか?

【回答】
原則として、本人確認は必要となります。

法人の職員等であっても、本人確認は必要となります。
その場合、身元確認書類として番号カードの提示(平成28年以降に申請により発行されます)、又は通知カードと身元確認書類(免許証やパスポートなど)の提示、番号確認書類(マイナンバーが記載された住民票など)と身元確認書類の提示・・・などの方法を受けて下さい。

とはいうものの、職員等の場合は、雇用契約を締結した段階で本人であることの確認を行っているのが一般的です。
そのため、雇用関係にあることなどの事情を勘案し、人違いでないことが明らかであると個人番号利用事務実施者(国税庁など)が認める場合は、身元確認書類の提示は省略できます。

本人確認は、原則として、職員等からマイナンバーの提供を受けるたびに必要です。
ただし、2回目以降については、個人番号カードや通知カードの提示を受けることが困難な場合には、過去に本人確認を行って作成したファイルにより番号確認を行うことなども認められます。

加えて、身元確認も一般的には省略できることから、2回目以降は大きな負担にはならないと考えられます。


| 最新の記事 |