fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

ブログアーカイブ

監事の仕事とは?

【質問】

ある法人から監事に就任して欲しいと打診されています。

監事とはどのような仕事をするのでしょうか?私につとまるかどうか不安です。

【回答】

監事は、法人において理事の業務執行を監査する立場にあります。株式会社の「監査役」のようなものというイメージです。

監事の仕事は、次のようなものです。

(1) 理事の業務執行の監査

理事の業務執行に対する監査は、各理事同士、あるいは理事会の職責です。これに加えて監事の監査を受けることによって業務執行の適正がはかられることとなります。

そのため、監事はいつでも、理事及び使用人に対して事業の報告を求め、業務及び財産の状況を調査することができます。

また監事は、法務省令で定めるところにより、監査報告を作成しなければなりません。

(2)法人の会計に関する監査

法人の貸借対照表と損益計算書(あわせて「計算書類」といいます)、事業報告及びこれらの附属明細書について、法務省令で定めるところにより監査を行います。

■いずみ会計事務所へのご相談は>>コチラから


| 最新の記事 |