fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 源泉徴収に要注意です!

源泉徴収に要注意です!

こんにちは!
いずみ会計の税理士の浦田です。
公益法人さんの税務調査では、源泉徴収の不備、消費税の不備が多いと統計資料から判断できます。
そのうち、源泉徴収の扱いは、株式会社や民間企業でもなかなか難しいところです。
公益法人さんも同じくですね。
源泉所得税の取り扱いの故意ではない勘違いが多いと想像します。
では、どんな勘違いが多いのでしょうか?
「あくまで薄謝の範囲だから、源泉徴収しないでいいと思った」
勘違いの出発点は、ここかもしれませんね。
薄謝だから、何でも源泉徴収は不要!と判断するのは、少々危険かな、と思います。
税法では、源泉所得税について、要件があります。
源泉徴収すべき場合、逆に不要な場合、ルールがあります。
いずれも細かい話なのですが、源泉徴収をしなかったとしても
本来的に源泉所得税を納付すべき事例であれば、団体は税務署に源泉所得税を納めることになります。
一回の金額はわずかでも、それが毎月分、そして1年分になると
結果として多額な源泉所得税をあとから納めることも考えられます。
源泉所得税について、今一度、内容の確認をしてみませんか。


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

これまでの記事