fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,ブログアーカイブ,経理現場のお仕事

インボイス制度が始まるとこうなる?!“消費税額の計算方法”

【ポイント】
2023年10月1日から始まる予定のインボイス制度の下での消費税額の計算方法は、売上税額及び仕入税額を「積上げ計算」または「割戻し計算」によって求めることになります。

2023年10月1日以降の売上税額及び仕入税額の計算は、次の(1)又は(2)を選択することになります。

(1)適格請求書に記載のある消費税額等を積み上げて計算する「積上げ計算」
(2)適用税率ごとの取引総額を割り戻して計算する「割戻し計算」

具体的な売上税額、仕入税額の計算方法は次の通りです。

【売上税額の計算方法】
<積上げ計算>
適格請求書に記載した消費税額等の合計額に78/100 を掛けて消費税額を算出する方法です(適格請求書発行事業者のみ可)。

<割戻し計算>(原則)
税率の異なるごとに区分して合計した課税標準額に、7.8/100(軽減税率対象の場合は6.24/100)を掛けて計算する方法です。

【仕入税額の計算方法】
<積上げ計算>(原則)
適格請求書に記載された消費税額等の合計額に78/100 を掛けて消費税額を算出する方法です。

<割戻し計算>
税率の異なるごとに区分して合計した課税仕入れに係る支払対価の額に、7.8/110(軽減税率対象の場合は6.24/108)を掛けて計算する方法です。

ただし、売上税額を「積上げ計算」により計算する場合には、仕入税額も「積上げ計算」により計算しなければなりません。
(売上税額を「割戻し計算」により計算する場合には、仕入税額は、「積上げ計算」または「割戻し計算」のいずれかを選択できます。)

また、売上税額について積上げ計算を選択できるのは、適格請求書発行事業者に限られます。

無料相談ボタン_03

| 最新の記事 |