fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

Q&A,公益法人運営

公益法人にも税務調査があります!―源泉所得税の調査―

【ポイント】
公益法人等の「源泉所得税等の実地調査の状況」を見ると、実地調査件数4,066(前年比111.1%)の6割以上の法人に非違が見つかったことがわかりました。

公益法人にも税務調査があります!―源泉所得税の調査―

国税庁が「平成26事務年度 法人税等の調査事績の概要」(平成26事務年度=平成26年7月1日から平成27年6月30日)を公表しました。
その中で、「平成26事務年度における公益法人等の調査事績」もまとめられています。

「源泉所得税等の実地調査の状況」を見ると、公益法人等の源泉徴収義務者数(給与所得) 163,132に対して、実地調査件数は4,066(前年比111.1%)。
その中で非違があった件数は2,620(前年比119.5%)だったことがわかりました。
前年の実地調査件数がその前の年より1割程度減っていたことを考えると、調査件数等の増加は前々年の件数に近づいたのかな、という印象でした。

気になるのは、実地調査の非違割合が、平成26事務年度は 64.4%と、調査対象の6割以上の法人で非違が見つかっている、という事実です。
これは前年比4.5ポイントの増加であり、前々年と比べると8.2ポイントも増加している計算になります。

法人税・法人消費税の申告義務がある公益法人等の数が35,109に対して、源泉徴収義務者数は5倍近い数があります。
つまり、法人税等の調査対象ではないけれど、源泉所得税等の調査は対象となる法人が少なからずあるのです。
うちの法人は規模が小さいから税務調査は入らない、などということはありません。

とはいえ、きちんと源泉徴収にかかる事務や納付を行っていれば、税務調査は何も怖くありません!
公益法人も、日ごろから適正な源泉徴収事務を心がけておきたいですね。

無料相談ボタン_03

| 最新の記事 |