fbpx
公益法人の税務・会計、公益認定を目指す団体・新規設立の一般社団・一般財団様へ
公益法人会計.com

東京都千代田区・地下鉄有楽町線麹町駅5番 出口より徒歩2分。 公益法人専門税理士があなたをサポート

  • 公益法人・一般社団・一般財団様向けセミナー情報
  • 公益法人会計のQ&A 集
公益法人専門の税理士 いずみ会計事務所・税理士浦田泉

経理現場のお仕事

公益目的事業の変更、事業計画書にどう反映させる?

【質問】
次年度から、ある公益目的事業を変更しようと思っています。事業計画書にはどのような記載をすればよいでしょうか?

【回答】
変更の内容により、記載内容が変わってきます。

公益法人(公益社団法人、公益財団法人)が、公益目的事業の変更をする場合、事業計画書にどのように記載すればよいのか、迷うところです。

公益目的事業を変更する場合、(1)変更の認定を受けなければならない場合、(2)変更の届出を行えばよい場合、(3)何もしなくてよい場合、の3つのケースが考えられます。
結論から言うと、どのケースに該当するかによって事業計画書への記載内容が変わってきます。

まず、(3)の何もしなくてよい場合は、その計画について記載することは問題ありません。
また、(2)の届出で足りる変更の場合、今年度中に届出を行っていれば、次年度の計画に記載できます。必ず今年度中に届出を出すようにしてください。

少し悩ましいのが(1)の認定が必要な場合です。変更の認定が必要な場合、その認定を受けてからでないと事業は執行できません。
そのため、認定を受けられるまでの期間の見通しを事業計画書に記載することになるでしょう。認定を受ける見込みが確かであるならば事業計画に盛り込んでもよいと思いますが、認定を受けていない、あるいはめどが立っていない場合は、法人の判断により計画に入れるかどうかを決めることになります。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

進んでいますか?-事業計画書等の作成

【ポイント】
公益認定法上、公益法人は事業計画書、収支予算書等を作成し、毎事業年度開始の日の前日までに提出することが義務付けられています。

公益法人(公益社団法人、公益財団法人)は、公益認定法上、事業計画書等を作成し、その書類を主たる事務所等に備え置くことが求められています。

また、この規定による事業計画書、収支予算書など一定の書類は、毎事業年度開始の日の前日までに行政庁に提出しなければなりません。(加えて、様式第4号による提出書を、事業計画書等を決議した議事録と併せて添付することも規定されています)

例えば、3月決算法人の場合、次の事業年度開始の日の前日=3月31日までに、翌事業年度の事業計画書と収支予算書等を提出しなければならない、ということです。

年明けの3ヶ月、経つのが早いのが例年?!なような気がしますので、特に3月決算の公益法人の皆様は早めに準備しておくようにしてください!

なお、一般法人法上は、事業計画書の作成について規定されていません。
作成するかどうかは法人の自由ですが、事業計画書があれば、いつまでに何をすべきかが明確になり、よりスムーズな法人運営の一助となることは間違いありません。
一般法人の方も、事業計画書を作成してみることをオススメいたします!

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

1月にやるべき公益法人の税務

【ポイント】
1月は源泉所得税の納付、法定調書合計表の提出、給与支払報告書等の提出、償却資産の申告等、特有の税務があるのでご注意ください。

1月は税務関係の提出書類の期限になっているものが多くあります。中には年に1回しかないものもありますので、この際にご確認ください。

(1)源泉所得税の納付
原則納付の方は恒例となっているかと思いますが、特例納付の適用を受けている方は、1月20日(月)が納期限となりますので、納付を忘れないようにしてください。
なお、納期の特例は、給与や退職金から源泉徴収をした所得税等と、税理士、弁護士、司法書士などの一定の報酬から源泉徴収をした所得税等に限られています。
これ以外の報酬(例えば講師謝礼や原稿料など)から源泉徴収した所得税等については、原則通り徴収した月の翌月10日までに納付しなければいけませんのでご注意ください。

(2)法定調書合計表の提出
給与等の源泉徴収票や報酬の支払調書(全部で約60種類ほどあります)のうち、「給与所得の源泉徴収票」、「退職所得の源泉徴収票」、「報酬、料金、契約金および賞金の支払調書」「不動産の使用料等の支払調書」など、特定の6種類の支払調書については、支払いが確定したものを取りまとめて税務署に提出することが義務付けられています。
法定調書合計表は、その法定調書の種類ごとに延べ人数と支払金額、源泉徴収税額などの総額を記載するものです。
提出期限は、支払が確定した年の翌年の1月末日までとなります。

(3)給与支払報告書等の提出
給与の支払いがあった年の翌年1月1日現在、従業員が住んでいる市区町村長あてに提出するのが給与支払報告書です。提出するものは、給与支払報告書(個人別明細書)と総括表(事業所で1枚)で、市区町村ごとに作成します。(例えば、A市内に3人の職員が住んでいる場合、A市に総括表1枚と個人別明細書3人分を提出します)
これは住民税課税の基本となる資料で、提出期限は1月末日です。

(4)償却資産の申告等
1月1日時点で所有している一定の償却資産がある場合、1月末日までに、資産の所在する市区町村に申告します。
初めての申告の場合は全資産を、1年間(前年の1月2日から当年1月1日まで)で増加または減少した資産がある場合はその増加または減少した資産を申告してください。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

全職員の方のご協力必須です!② 経費精算の際の日付の確認

【ポイント】

2019年9月30日までの標準税率8%と、2019年10月1日以降の軽減税率8%は、消費税の国税分と地方税分の割合が異なるため、きちんと分けて経理しなければいけません。

2019年10月1日から、消費税率が改正され、軽減税率制度が導入されます。

軽減税率が導入された際に注意しなければいけないのは、2019年10月1日が期中である事業年度については、消費税率が3つあることを認識しておくことです。

例えば、2019年4月1日から2020年3月31日までの事業年度の場合、

・2019年4月1日から9月30日=標準税率8%

・2019年10月1日から2020年3月31日=標準税率10%、軽減税率8%

の3つの税率区分が混在することになります。

この3つの税率区分をきちんと区分しなければ、消費税の申告の際に正しい金額を申告することが難しくなります。

9月までの標準税率8%と10月からの軽減税率8%は同じ税率だから分ける必要はない!

というのは誤解です。

消費税は細かく言うと、申告の際に国税分と地方税分に分けて金額を計算することになります。

その国税分と地方税分の割合は次の通りです。

・標準税率8%の内訳…国税分6.3%+地方税分1.7%=8%

・軽減税率8%の内訳…国税分6.24%+地方税1.76%=8%

つまり、8%の標準税率と軽減税率では、国税分と地方税分の割合が異なるため、この線引きを曖昧にしていると国税分と地方税分の正しい消費税額を計算できなくなるのです。

そのため注意したいのが、10月以降の経費精算です。

10月以降の経費精算の際には、9月までに使った経費の精算分が含まれることが十分に考えられます。

いつ支払った経費なのか、を十分に確認できるように経費精算していただくことが大切になります。

これは、全職員の方にご協力をお願いするようにしましょう!

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

全職員の方のご協力必須です!①10月以降の領収書等のもらい方

【ポイント】

2019年10月1日以降に経費精算する領収書等は、標準税率と軽減税率それぞれの区分ごとの税込合計額が記載された「区分記載請求書等」を提出するよう、全職員に徹底してください。

2019年10月1日から、消費税率が改正され、標準税率(10%)と軽減税率(8%)が並存することになります。

全職員の方のご協力必須です!〜10月以降の領収書等のもらい方

ワイドショーなどでは、軽減税率の対象品目は何か、といった話題が多く取り上げられていますが、全ての法人にとって、もっと実務的に喫緊の課題は、日常の経費精算の際の領収書等のもらい方に気をつけなければいけない、という点です。

2019年10月1日から、消費税の仕入税額控除を受けるためには、区分記載請求書等の保存が要件となります。

区分記載請求書等とは、これまでの請求書等の記載事項(請求書等発行者の氏名または名称、取引年月日、取引の内容、対価の額、一定の場合は請求書等の受領者の氏名または名称)に加えて、軽減税率の対象品目である旨および税率ごとに区分して合計した税込対価の額を記載することが求められています。

標準税率の支払いがいくらで、軽減税率の支払いがいくらだったのか、ということは、消費税の納税額を正しく計算するために必ず必要な情報であるため、区分記載請求書等の発行は全ての事業者が対応することとなっています。

経費精算の際には、区分記載請求書等(経費精算の領収書など)を見ながら経理処理をしていくことになります。万一、区分記載請求書等以外の領収書などが混ざっていると、消費税の内訳がわからなくなり、正しい経理処理や申告業務にも差し障りが出ます。

10月1日以降に経費精算する場合、標準税率と軽減税率のそれぞれの合計額が記載された領収書等で精算するよう、全職員に徹底してください。

また、万一、区分記載請求書等をもらえなかった場合(税率ごとの合計額が書いていないなど)は、後から法人がメモ書きすれば仕入税額控除を受けることができる、とされています。

この場合のメモ書きは誰がするのか(経理担当が一件ずつ調べてメモするのか、経費精算者にメモしてもらうのか)といったことも、決めておくといいですね。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

今さら聞けない?!-控除対象財産って何?

【ポイント】

控除対象財産とは、法人の財産の中で現に使用しているか、または、目的、用途が具体的に定まっている財産をいい、遊休財産額の計算上、資産から控除できる財産のことをいいます。

今さら聞けない?!-控除対象財産って何?

控除対象財産とは、公益法人が当該事業年度の末日において有する財産のうち、次の6つのものをいいます。(これらは、上から順に1号財産、2号財産、3号財産、4号財産、5号財産、6号財産と呼ばれることもあります。)

(1)公益目的保有財産
(2)公益目的事業を行うために必要な収益事業等や管理運営の用に供する財産
(3)資産取得資金
(4)特定費用準備資金
(5)寄附等によって受け入れた財産で、財産交付者の定めた使途に従って使用または保有されているもの
(6)寄附等によって受け入れた財産で、財産交付者の定めた使途に充てるために保有している資金

それぞれの特徴を簡単に言うと、1号財産(1)、2号財産(2)については、保有目的またはこれに準じる財産であり、原則として取り崩すことができない(取り崩すのに厳しい条件がついている)ものです。

3号財産(3)、4号財産(4)は、資金の目的である活動や財産の取得・改良など、特別な目的のための積立資金で、積立には必ず目的のために使う資金であるよう、条件がついています。

5号財産(5)、6号財産(6)は、財産交付者が使途を指定した財産や資金といえます。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

Windows7をお使いの法人の方はご注意ください!

【ポイント】

2020年1月15日以降、国税庁が提供する源泉徴収票等作成ソフト等のe-Taxソフトの利用環境として、Windows 7を推奨しない予定となっています。

Microsoft社から、2020年1月14日にサポートが終了することが発表されているWindows 7。

とても人気の高いOSで、今でもWindows7をお使いの法人の方も多いかと思います。

国税庁では、このサポート終了に伴い、2020年1月15日以降、国税庁が提供する源泉徴収票等作成ソフト等のe-Taxソフトの利用環境として、Windows 7を推奨しない予定であることを発表しました。

源泉徴収票等作成ソフトなど、国税庁のソフトを使っている方は、OSをアップデートするなどの対応が必要となります。

また、国税庁のソフト等をお使いでない方であっても、サポート終了後は、Windows7に新たな脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されません。

そのため、サポートが終了したWindows7の使用継続は、コンピューターウイルス感染リスクなどが高まります。

具体的には、マルウェアへの感染やフィッシング詐欺、情報漏洩リスクが高まるなど、法人のコンプライアンスに大きなダメージを与える危険性を孕んでいます。

Windows7をお使いの法人は、運営上の課題の一つとして、早めに対応するようにご注意ください。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

令和表記に対応していない納付書は使えるのか?

【質問】
源泉税の納付書について質問です。
税務署から送られてきた納付書が、令和の元号に対応していません。
新しい納付書を取り寄せたり、取りに行かなければいけないでしょうか?

令和表記に対応していない納付書は使えるのか?

【回答】
今年の場合は、平成31年として税務書類を提出しても問題ありませんので、令和に対応していない納付書も使うことができます。

今年5月1日に、元号が平成から令和に改まりました。
しかし、ご相談の方の源泉税の納付書をはじめ、税務書類の中には令和の元号に対応していない古い書類をまとめて持っていらっしゃる方も少なくないかと思います。

特に納税の対象となる期間の表記などは、和暦で記載することが多いため、令和に対応していない書類の取り扱いに困る法人の方も少なくありません。

国税庁では、納税者からの提出書類について、「例えば平成31年6月1日と平成表記の日付でご提出いただいても有効なものとして取り扱う」としています。
参考として、西暦表記を平成で示す例が出ており、2019年は平成31年、2020年は平成32年として、以下平成49年が2037年であることまでが表記されています。

平成表記しかない納付書も、問題なく使うことができますので、新しい納付書でなければ納税できない、ということはありません。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

好景気ゆえの改正?!遊休財産額の算定―6号財産の取り扱いに関する改正内閣府令

【ポイント】
遊休財産額の算定について、控除対象財産の計算方法が改正されました。これにより、控除対象財産から生じた利子や配当金等については、相当の期間内に消費することが見込まれるものだけを控除対象財産とすることとされました。

遊休財産額の算定について、6号財産の取扱いに関する改正内閣府令が本年3月25日(月)に公布されました。

遊休財産額は、その法人の純資産額(資産の額-負債の額)から控除対象財産(これに対応する負債の額を除く)をマイナスした金額、として計算されます。
今回の改正では、その「控除対象財産」の金額の算定方法について、一定の条件が加わりました。

新たに加わったのは、「控除対象財産から生じた『果実』については、相当の期間内に消費することが見込まれるものに限る」という点です。
どういうことかというと、控除対象財産から生じた利子や配当金等については、相当の期間内に消費することが見込まれるものだけを控除対象財産としていいですよ、ということです。
たとえば、用途を指定した寄附金を運用した結果、そこから生じた利息や配当金等については、相当の期間内に消費することが見込まれるものだけを控除対象財産としてください、ということです。

近年、運用が極めて上手くいき、多額の運用益を得ているケースも見受けられます。あまりにも多すぎる運用益分については、消費の見込みがないものについては控除対象財産から外すことを要請する改正である、といえます。
好景気を反映した改正、といえるかもしれませんね。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

今年のゴールデンウィーク、税務署の開庁時間にご用心!

【ポイント】
今年は4月27日(土)から5月6日(月)までの期間、税務署は閉庁となります。
また、e-Taxも4月29日(月)から5月6日まで休止となります。

新しい元号「令和」が発表され、5月に改元されます。
「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」の施行に伴い、今年は4月27日(土)から5月6日(月)までの期間が休祝日となります。

長い祝休日になりますが、この期間中、税務署は閉庁となります。
4月中に納税証明書の発行等の各種手続が必要な方は、4月26日(金)までに手続きを済ませるようにしてください。

また、e-Taxも、休止期間があるため、注意が必要です。
・4月26日(金)=0:00から24:00(24時間)
・4月27日(土)、28日(日)=8:30から24:00
・4月29日(月)から5月6日(月)=休止
・5月7日(火)=8:30から24:00
・5月8日(水)=0:00から24:00(24時間)

e-Taxでも1週間以上の休止期間がありますので、ご注意ください。

いずみ会計事務所無料相談ボタン_03

個人が公益法人等に現物資産を寄附した場合の譲渡所得税非課税の特例

【ポイント】
財産の寄附について、一般特例の承認要件を満たすものとして国税庁長官の承認(非課税承認)を受けた後、その寄付を受けた一定の公益法人等がその寄附財産を譲渡し、買換資産を取得する場合で、一定の要件を満たすときは、その非課税承認を継続することができます。

個人が公益法人等に現物資産を寄附した場合の譲渡所得税非課税の特例

財産を公益法人(公益社団法人、公益財団法人)や学校法人等一定の公益法人等に寄付をした場合、

①その寄附が公益の増進に著しく寄与すること
②寄附した財産が、寄附があった日から2年以内に公益目的事業の用に直接供される、又は供される見込みであること
③その寄附により、寄付をした者の所得税又は寄付をした者の親族等の相続税若しくは贈与税の負担を不当に減少させるものではないと認められること
上記の要件を満たした場合、国税庁長官による承認(非課税承認)を受けることにより、譲渡所得等が非課税になる「一般特例」。

この一般特例は、寄附財産をそのまま利用して公益目的事業に利用することで非課税承認が継続する、というのが原則的な取り扱いになります。

特例として、公益目的事業の用に2年以上直接供している寄附財産を同種の資産等に買換えをして公益目的事業に利用しても、非課税承認が継続するのが「買換特例」です。

これに加えて、「特定買換資産の特例」も創設されました。
これは、一定の「基金」等で管理し、基金等内で寄附財産の買換えを行なった場合、一定の要件を満たしていれば非課税承認が継続されることとなりました。

これにより、公益法人内に特定の要件を満たす「基金」を設け、当該「基金」に組み入れられた寄附財産については、短期間で国税庁長官の承認を受けられることや、公益目的事業の用に直接供した期間に関わらず寄附資産を処分して別の資産を取得すること等が可能となります。

無料相談ボタン_03

インボイス制度が始まるとこうなる?!“消費税額の計算方法”

【ポイント】
2023年10月1日から始まる予定のインボイス制度の下での消費税額の計算方法は、売上税額及び仕入税額を「積上げ計算」または「割戻し計算」によって求めることになります。

2023年10月1日以降の売上税額及び仕入税額の計算は、次の(1)又は(2)を選択することになります。

(1)適格請求書に記載のある消費税額等を積み上げて計算する「積上げ計算」
(2)適用税率ごとの取引総額を割り戻して計算する「割戻し計算」

具体的な売上税額、仕入税額の計算方法は次の通りです。

【売上税額の計算方法】
<積上げ計算>
適格請求書に記載した消費税額等の合計額に78/100 を掛けて消費税額を算出する方法です(適格請求書発行事業者のみ可)。

<割戻し計算>(原則)
税率の異なるごとに区分して合計した課税標準額に、7.8/100(軽減税率対象の場合は6.24/100)を掛けて計算する方法です。

【仕入税額の計算方法】
<積上げ計算>(原則)
適格請求書に記載された消費税額等の合計額に78/100 を掛けて消費税額を算出する方法です。

<割戻し計算>
税率の異なるごとに区分して合計した課税仕入れに係る支払対価の額に、7.8/110(軽減税率対象の場合は6.24/108)を掛けて計算する方法です。

ただし、売上税額を「積上げ計算」により計算する場合には、仕入税額も「積上げ計算」により計算しなければなりません。
(売上税額を「割戻し計算」により計算する場合には、仕入税額は、「積上げ計算」または「割戻し計算」のいずれかを選択できます。)

また、売上税額について積上げ計算を選択できるのは、適格請求書発行事業者に限られます。

無料相談ボタン_03

« PREV |